〔展示〕
2010年8月6日(金)~18日(水)

12:00~20:00(最終日~17:00) ※木曜日休廊

「LOVERS」

Takiguchi

スペースM

〔概要〕

Takiguchiの作品は、モチーフに対して無意識的に想起させるような固定概念を極端にそぎ落とし、純粋な要素だけをじっくり抽出し、画面を構成してゆく。

そして、さらに残ったものを選択し、画面に配置してゆく。

象徴としての束縛を逃れて生命を吹き込まれた事物は、核だけを残して新たな図像へと変容されてゆく。
彼らはそういったイメージの操作に興味を持ち、探求し続けるのである。
「必要なものと不要なもの」。

紙上で行う分類を経ることにより、それまで断片として存在していた対象が肉を帯び、重量を持ち、異質の存在として生まれ変わる。
なお、Takiguchiは1枚の平面作品を2人で共同制作するユニットである。
彼らは一般的なコラボレーション作品のように、作業を分担しているわけではなく、別々に制作したものを持ち寄ってひとつにするわけでもない。
彼らはすべての制作時間を共有し、お互いが同時に筆を進めていく。
打ち合わせはなく、支持体に直接、線や色を重ねてゆく。
その過程で、描かれた線について一方が否定をもって塗りつぶし、あるいは共感をもって描き留め、画面上の取捨選択を通じひとつのイメージを紡ぎ上げてゆく。

もっと見る

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery