〔展示〕
2010年10月15日(金)~24日(日)

12:00~20:00(最終日~17:00) ※木曜日休廊

「となりの夢」

椛田有理

スペースM、S、E

〔概要〕

世界はパラレルに存在し「夢を見る」という現象のみが、交錯するはずの無い二者を結びつけている。
胡蝶の夢のような思いに駆られた夢を見たことは無いが、夢という存在がたとえばそうであるのなら、主体というものの在処は胡蝶にも荘子にも無く、「夢を見る」という現象そのもの、あるいは二者の関係性という形而上の存在として、ふたつの夢にまたがっているのかもしれない。
それは主体の不在と実在、全体と部分を内包する立ち位置だ。
制作行為はこうした仮説を実証、あるいは現前させる行為なのだと思う。
そして解に到るまでの通過点を記すことが制作であるならば、作品は解には到ることのない回答として機能するのだろう。

〔個展〕

2009 「世界の交換」(Gallery Grand Cafe / 東京)
2009 「はじまりの配置」(遊工房アートスペース / 東京)

〔グループ展〕

2009 「ART & PHOTO BOOK EXHIBITION 2009」(新宿眼科画廊 / 東京)

2009 「新しい抽象絵画展」(Nroom artspace / 東京)

もっと見る

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery