〔展示〕
2011年5月20日(金)~25日(水)

12:00~20:00(最終日~17:00) ※木曜日休廊

「物語のテロメア。とパノプティコン」

カナイサワコ

スペースM、S、E

〔概要〕

あるかもしれないけど、ないかもしれない何処かというあいまいな何かを求める。
漠然としたイメージをどう表現したらよいのか。
頭の中の景色を立体にしてみる。
何を作ったところで、これはこうゆうものなのだ、という確信は出来ない。
考え出した瞬間から次の景色を思い描く。
1つのモノを作るたびに、次のモノが変化していく。
この空間に作られた1つの作品は、流動的な想像の景色から切り出されたモノの複合体なのだ。
総体としてのあいまいさを、そのまま受け入れてみる。

そして細部を覗き込む。
そこにある表面の皮膚感、手触りを確かめる事で、リアルな感覚を取り戻す。
物質の向こう側にある世界と、「私」という肉体を持つ存在は、お互い少しずれつつも1つの空間に共存し、壁の向こう側にその感覚の触手を伸ばす。

〔プロフィール〕
1982 群馬県生まれ

2007 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業

2009 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻彫刻コース修了

〔個展〕

2008 「Cell in the Sea of Decay」(藍画廊 / 東京)

2009 「Twinkle Drops and Tiny Fragments of Decay」(藍画廊 / 東京)

2010 「Habitat」(若月法律事務所 / 群馬) 

〔グループ展〕

2009 「ART & PHOTO BOOK EXHIBITION 2009」(新宿眼科画廊 / 東京)

もっと見る

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery