〔展示〕
2011年5月27日(金)~6月8日(水)

12:00~20:00(最終日~17:00) ※木曜日休廊

「皮膚と地図Ⅱ  - 記憶と時間への近づき方」

利部志穂、白木麻子、村上郁、DIG & BURY、TOLTA

スペースM、S、E

〔概要〕

「皮膚」は身体の感覚を「地図」は論理的思考を表しています。
この2つの言葉が複雑に絡まって生成されている作品に出会ったときの体感がテーマの核となっています。
それは内側からも外側からも形づくられる「皮膚」の柔軟さや、今まさに創られている途中のルール無視の「地図」、そういうものが含まれる作品に出会う感覚に近いかもしれません。

※本展は2010年8月に開催した「皮膚と地図 4名のアーティストによる身体と知覚への試み」の第2弾として企画しました。

もっと見る

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery