〔展示〕
2012年3月16日(金)~28日(水)

12:00~20:00(最終日~17:00) ※木曜日休廊

「輪転機グルグルまわる」

岡戸隆

スペースS

〔概要〕

アナログの質感がたまらなく恋しい。
においが恋しい。

広告は新聞からネットにシフトしているが信頼できる情報源は今も昔も新聞社。

社会の縮図が新聞である限り、読み続ける。
まれに涙を誘う記事や美しい写真。
時にはブラックユーモアで応戦する。
いろいろな事が見えてくるが、信用しきってはいない。

マスメディアは広告がなければ継続できないが言うべき事は言う、それがジャーナリズム。

手が汚れるのがたまに傷。
野菜を巻ける、兜が折れる、雑巾になるし・・・・・・。

人を線に見立てる。
線と線をつなげていく。
線が複雑になればなるほど大変であるがつながる瞬間喜びに変わる。

あなたも私も社会の一部である、尊い存在。
孤独であってはいけない。
会話が全ての始まり、人と人がつながって、社会ができている

〔プロフィール〕
1970 東京都生まれ

〔個展〕

2011 「Local news ~同じ記憶~」(新宿眼科画廊 / 東京)

もっと見る

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery