〔展示〕
2006年5月1日(火)~7日(日)

「ちょうどいい」

上原真優、内田友梨、桜井愛子、福島陽子

スペースO

〔概要〕

寮での暮らしでは得られない完全なプライベートな空間、時間を各々が持てるが、
全く独りではない安心感がある。この距離がちょうどいい。

 

女子特有の群れる習性、3人では2:1となるが、
私たちは2:2という寂しさを感じないちょうどいい単位に分かれることができる。
2階に2人、3階に2人とちょうどよく隣同士で住んでいる。
すぐに調味料や課題のプリントを借りにいける。

この展覧会を催すキッカケになった、上記のような4人の関係性から
コンセプトを立て、作品制作を行うことになりました。
展覧会では4人それぞれが「ちょうどいい」とは何かを考え、
個人ブースにて展示を行います。

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery