〔演劇〕
2013年10月19日(土)~22日(火)

「シネマ」

お米は生きている

料金 : 前売¥2.000- / 当日¥2.300-
※ 当日/ご予約ともに、全席自由。

※ ご予約の場合も、料金は当日精算となります。

スペース地下
 


〔概要〕
1.
映画ばかり見てきました。
なのに、映画をつくるのではなくて、演劇をします。
『シネマ』は演劇です。
映画についての演劇です、だから『シネマ』。

2.
夢の中で、何度も訪れる場所がある。
かつて映画館だったその場所で、
彼女はひとりで映画を見ている。
起きているあいだには思い出すことさえできないし、
そこへ何度もやって来ていることだって、
彼女はその夢の中でしかわからない。
目が覚めたら、あるいは、つぎの夢が始まってしまったら、
もうなにひとつ憶えていないのだとしても、
彼女はそこで映画を見つづける。
誰かと一緒に見られたら……って、
ときどき、そんなことを思いながら。

3.
“映画がなくなって100年経ったあとの世界”
の映画を撮っていたのは、また別の彼女だ。
その世界でたったひとつだけ残されているという映画を探しに、
少女たちは旅に出る。
彼女の映画の中で、あるいは……彼女の映画の外で。

4.
ふたりは出会う、映画館で。
いまはもうなくなってしまったけれど、
3年前にはまだその映画館はあった。
ふたりはかつて、親しい友人だったのかもしれない。
けれど、そのとき、ふたりはすぐにバラバラに去り、
それから3年の月日をそれぞれまったく別々に過ごす。

5.
そして、いま。
眠っているあいだに見る夢も、むかし見た映画も、
過去に自分の身に起こった出来事も、
あるいは、まったくの嘘や空想も、
全部おなじように思い出すことができるし、
それについて語ることだってできる。
劇場で語られるのは、そのとき、そのいま、
思い出し、思いつき、語ることのできることだけで、
『シネマ』はあなたの内にのみ立ち上がり、
生まれたそばから消えてゆきます。

■ 日時
10月19日(土)14:00~ / 19:00~ 
10月20日(日)14:00~ / 19:00~
10月21日(月)19:30~
10月22日(火)19:30~
※ 受付開始は開演30分前、開場は20分前です。
※ 上演時間は約100分を予定しています。

〔出演〕
高内絵理 / 高橋真奈 / 尾関美紀 /

〔スタッフ〕
作・演出:久野貴詩
空間美術:印藤躍
照明操作:小笠原結斐
サウンドエフェクト:westronica
宣伝美術:加瀬透
写真:後藤洋平
制作:西村亜弥子
協力:シバイエンジン
Special Thanks:小澤正樹

■ チケットのご予約方法
●メールでご予約の方
「お名前/ご希望の回/チケット枚数/電話番号」 を明記の上、ご予約メールをお送りください。
受付でき次第、ご予約完了のメールを折り返しお送りいたします。
ticket@riceisalive.com

●インターネットでご予約の方
詳細より、必要事項をご記入の上ご予約ください→〔詳細〕


〔web-site〕
お米は生きている | OKOME WA IKITEIRU
http://riceisalive.com/
シネマ "CINE-MA" 公演特設ウェブサイト
http://sp-riceisalive.com/
 

お米は生きている | OKOME WA IKITEIRU
久野貴詩が主宰するカンパニー。
2002年に“お米は生きている”の名義で活動を開始し、
活動内容を転々と変えながら、2010年に初めてのパフォーマンス公演を行う。
それ以後、映像を軸とした舞台作品を断続的に発表してきたが、
10年目の2012年をもって、これまでの作品づくりに一旦区切りをつける。
2013年からは久野のソロ・プロジェクトとして、お米は生きているをリブート。
新作『シネマ』は、明確に“演劇”としてつくる初めての作品となる。
 

久野貴詩 | Takashi KUNO
1987年生まれ、愛知県出身。
2011年よりフリーペーパー「おならコレクティヴ」を発行するなど、
まんが/イラストレーションの制作を中心に活動している。
[Mail] kuno@onara-collective.com
[Twitter] @kuno_takashi
[Web] http://onara-collective.com/

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery