〔展示〕
2013年8月16日(金)~28日(水) 

12:00~20:00(最終日~17:00) ※木曜日休廊

「45組のアーティストが観た彼女」

トーク&ライブ イベント/ 8月25日(日)17:00~ / 山峰潤也サーチンフェラーリ源太アイハラミホ。、他

ビジュアルブック 出版記念サイン会 / 8月28日(水)15:00~17:0

スペースM、S、E

​〔展示概要〕
新宿眼科画廊のスタッフの〔彼女〕を被写体とし、
写真、絵画、映像、音楽など多角的な切り口で捉える展覧会です。
会期最終日には、展覧会にご参加頂いている皆様の作品をまとめたビジュアルブックを発行。
サイン会を予定しております。
*ビジュアルブックは初回分は200部限定発売の予定です。(CD、DVD、おまけ付。定価¥1800-)


〔出展作家〕
BO-JW. / HYANS / scsn / taki*corporation / Yoi / 青山裕企 
彩戸惠理香 / 井上光太郎 / 井上太郎 / 遠藤彰 / 大江湊 / 岡江真一郎 / 
荻原貴裕 / 片山高志 / 喜多村みか / クロタヌキ / こむろめぐみ / 
サイトウケイスケ / 坂井俊之 / 佐々木友輔 / 佐藤藤子 /佐藤雄治 / 
清水篤司 / 鈴木一成 / ゾルゲルプロ / 田尾昭典 / 髙田幸平 / 
髙村健志 / 谷口菜津子 / 千葉高広 / 戸村祐介 / 沼田学 / 長谷川清 / 
パルコキノシタ / 星屑のキラメキ / 松岡一哲 / まつもとこうじろう / 
もんちゃん☆ / 山本亨平 / 力也 / わたなべゆたか、他

 


 

BO-JW. 

〔プロフィール〕
よくわからないので直接聞いてください

〔コメント〕
今回の展示で私が一番ハマーに精神的ダメージを与えてしまう気がしている。
それは私も共にダメージを受けることを意味している。
だから全くやる気が起きない。
が、私とハマーにしかできない事を全力でやろうと思う。

〔web-site〕
http://www.alfoo.org/diary47/bojw/
 

HYANS 

〔プロフィール〕
日本生まれ日本育ち
在日コリアン3世
大学までチマチョゴリが制服の朝鮮学校に通い美術を学ぶ。
過去に「シブヤスタイル」などのグループ展に参加。

〔コメント〕
白濱ちゃんとのファーストコンタクトは電話での会話でした。
それから実際に対面するまでの二ヶ月の間、彼女の声からビジュアルを
なんとなくイメージし脳内で繰り返し白濱像を作り上げていました。 
ですが結局会うその日までイメージが定まらず果てにはありとあらゆる
パターンの白濱像をぼんやり考えていた所、
遂に”生の白濱”に会う日がやって来ました。
彼女はイメージと違い、小柄で小動物のよう。
イメージこそ異なりはしましたが、おかげさまで想像する事を楽しめました。
今回の展示では愛らしい画廊アイドルの偶像破壊、
つまり私が脳内でイメージしていた白濱像を表現しようと思います。
ピュアでちょっと毒っけのある白濱ちゃん、愛したくなる存在だと思います。

 

scsn / さこさん 

〔プロフィール〕
1980 石川県生まれ

〔コメント〕
まるくてかわいいほっぺが印象的な白濱さん。
ふしぎな服を着てる。
おやつとかあげたくなります。

〔展示歴〕
2013 「トランスエフュージョン02 ドローイング展」(新宿眼科画廊)、「マシマロ戦闘服」(新宿眼科画廊)
2012 「Unknown possibility 08」(新宿眼科画廊)、
「トランスエフュージョン」(新宿眼科画廊 / 東京)、
「ライブペインティング」(ANI-MAZE / 東京)
2011 「ライブペインティングと展示」(Hidari Zingaro / 東京)、
「第62回さっぽろ雪まつり・初音ミク展」(pixiv×Kaikai Kiki Gallery / 北海道)
 

〔web-site〕 
https://twitter.com/scsn
 

taki*corporation 

〔プロフィール〕
紙袋作家の大滝由子と写真家の大滝央子によるリアル姉妹ユニット。
紙袋を用いて演出した空間を写真に閉じ込めた独自の世界観が話題になり装苑、
オズマガジン、ファッション通信ほか、多数の媒体で取り上げられる。また同メンバーで、
姉妹音楽ユニット“ナイアガラ交響楽団”としても活動。iTunesで音源配信中。

〔コメント〕
女子クリエイターをゲストモデルに迎え、
そのイメージをビジュアライズしている プロジェクト「紙袋ガール」 

今回は、画廊発のアイドル白濱ちゃんを紙袋ガールにしました。 
「白濱ちゃん×紙のドレス」でアイドルのイメージです。
白濱ちゃんの可愛さと内側にひそむ毒っけを表現しました。

〔web-site〕 
http://takicorporation.com/
 

Yoi 

〔プロフィール〕 
1983年生まれ
文化服装学院卒業と同時にAIT/MADキュレーションコース修了。
その後渡英し、某セレクトショップ勤務を経てアクセサリー、ぬいぐるみ制作等を中心に
“つくることの楽しさ”、“つくることから広がるヒトの繋がり”を表現した創作活動を2011年よりおこなう。
イベント参加、プロデュース、ギャラリーでの展示や作品販売の他、
マジカルクッキー製作所というアート・食・ヒトの場を繋げ提案するお菓子の活動も。
アーティストBO-JW.と共に“マジカルBar藤村”料理ユニットを2012年に結成。

〔コメント〕
白濱ちゃんとはなかなか話をする機会に恵まれず、
常々眼科画廊での白濱噂を耳にする度、不思議少女なイメージを抱いていました。

ひょんなことから白濱ちゃん本人と話していて、この展示に参加することになりましたが、
個人的にかなり親近感を覚える個性の持ち主と知り
『画廊初のアイドル☆白濱はるか』の盛り上げに加担出来ること、
すごく楽しみです。


〔web-site〕
http://www1.ocn.ne.jp/~yoi/index.html

 

アイハラミホ。 / AIHARA Miho 

〔プロフィール〕 
3歳から子役として活動し演劇の道を進み、
去年は板尾創路監督の『月光ノ仮面』では体を張った演技で注目をあびる。
また、都内を中心に、ダイナマイトパワフルパフォーマーとして、
体、顔全体で歌謡曲で踊りまくるパフォーマンスでも、多数で活躍中。 

〔コメント〕
白濱ちゃんへ、
可愛くて可愛くて仕方ない白濱ちゃんだけど、しっかりもので本当に優しい。 
新宿初の、こんなピュアなアイドルは今まで無かったのではないでしょうか?
これからは、歌って踊って、より沢山の人を魅了してください。
白濱ちゃんこそ、幻想ではない真のアイドルだ。
 

青山裕企 / AOYAMA Yuki 

〔プロフィール〕
1978 愛知県名古屋市生まれ。筑波大学人間学類心理学専攻卒業
2007 キヤノン写真新世紀優秀賞受賞

書籍 : 「ソラリーマン」「スクールガール・コンプレックス」「吉高由里子 UWAKI」
「さしこ」「ガールズフォトの撮り方」など

今までに、シカゴ・台北・シンガポール・ニューヨーク・マドリード・香港・
マカオなど、国内外のギャラリーにて、作品を発表

サラリーマンや女子高校生など“日本社会における記号的な存在”をモチーフに
しながら、自分自身の思春期観や父親像などを反映させた作品を制作している。

2013年8月、映画『スクールガール・コンプレックス~放送部篇~』が公開

〔コメント〕
無理矢理、自分の作品の世界観に閉じ込めてしまいました。
ごめんなさい。ありがとう。
「SHIRAHAMA HARUKA COMPLEX」

白濱さんが可愛いのは、見れば分かることで、
でも、そのことをきっと彼女は無自覚で、
なんていうのは、単なる僕らの期待であって。

きっと自覚的に無邪気に、邪気と元気を振りまきながら、
僕らを惑わせ、世界を輝かせてくれているんです。
こんちくしょう。ありがとう。

可愛いは、正義。
僕みたいに、ひねた事ばっかり言う奴らなんて、
ほっとけば、いいんです。

「白濱さんを、可愛く保存。永遠に上書きされない、思春期の記憶。」
 

〔web-site〕
www.yukiao.jp
 

彩戸惠理香 / AYATO Erika 

〔プロフィール〕
1991 東京都生まれ
2010 都立芸術高校卒業後 歌舞伎町のクラブで働きながら、
女性性や自身の経験をテーマに作品をつくるようになる。

風俗情報誌やポルノ雑誌などを素材に、女性の身体のパーツを用いて
昆虫や冬虫夏草をモチーフにしたコラージュ作品を主に制作。

2012 彩戸惠理香個展「The red feeling wavers by a pink bubble」(新宿眼科画廊)
2013 彩戸惠理香個展「Imago」(Vanila Mania / 東京)

〔コメント〕
白濱さんの少年の様な目鼻立ちが好きです。
華奢な肩と澄んだ声、柔らかそうな髪、小動物の様な仕草や無垢で優しい笑顔が大好き。
溢れる透明感に胸が苦しくなっちゃて、夢を見ずにはいられないんです。
少年の様な少女の様な、大人の女性の白濱さん。 
蜂蜜の様なオイルで溶いたペールトーンの絵の具で、彼女への幻想を閉じ込めました。
 

井上光太郎 / INOUE Kotaro 

〔プロフィール〕
1982年に鳥取で生まれ、主に奈良で育つ
2005 大阪芸術大学付属大阪美術専門学校絵画専攻卒業
現在は東京を中心に活動。東京在住。
主な個展 : GALLERY MoMo Ryogoku(2013)、SANAGI FINE ARTS(2010)他
グループ展など多数

〔コメント〕
山本直樹の漫画には度々、ショートカットの女の子が出てくる。
彼女たちはみんなハツラツとしていて、大抵は現実世界に静かに反抗している。
ショートカットの女の子はある種、畸形種のような存在に思えてしまう。
他の髪型の女の子と何かが違う。
その"何か"に一貫性はなく、ただただ妙な存在感とズレを抱えている。
この特異性は、髪を短くしたことから始まるものなのか、
髪を短くしようとする思考が発生しやすい構造なのかはわからないが。
同じくして、ショートカットの白濱はるかは、小さな場所の小さなアイドルとして、
ここ歌舞伎町とベストミスマッチするかのように存在・浮遊している。
その脈絡の無い現状がより一層彼女を輝かせているように思える。

〔web-site〕
www.koutaroinoue.com
 

井上太郎 / INOUE Taro 

〔プロフィール〕
1976 横浜生まれ
都内スタジオ勤務後、写真家小塚毅之氏に師事
独立後、男性週刊誌を中心に活動中

〔コメント〕
綺麗な目が素敵です。
ずっと撮っていたくなるような、そんな目の持ち主。
しらはまちゃんっ!!かわいい!!

 

遠藤彰 / ENDO Akira 

〔プロフィール〕
写真家
1971年生まれ、福島県出身
東京工芸大学短期大学部卒業
第9回「ひとつぼ展」入選後、カルチャー誌や映画スチール等で撮影、
映画監督の山田勇男氏の実験映画にも参加するなど、
写真と映像によるひかりの表現や不在や気配をテーマに作品制作にも精力的に活動している。

〔コメント〕
女性には「永持ちのする少年」の資格がある、と或る作家の言葉をよく思い出すのだが、
白濱さんを初めて視た時、彼女の横顔に宿る儚い「少年美」を想起させるなにかを感じた。
その直観だけを頼りに、森の中に彼女を誘い出しその横顔に一瞬だけ触れた。
今回出展した作品は、「卯ノ森」という写真と映像による白濱さんとのおとぎ話である。
並行世界で存在するもうひとりの白濱さん。
果たして彼女は森のニンフに抱きしめられただろうか?


〔web-site〕
http://akiraendo.tumblr.com
 

大江湊 / OE Minato 

〔プロフィール〕
1987年、生まれたと同時に気絶する。
1997年ごろに意識を取り戻す、がすでに時遅し。
この時点で同世代とも精神年齢差が10年になる。
2015年ごろに中東の石油王の全財産が
突然僕に転がり込んでくる妄想に明け暮れている。

またお目にかかれると良いですね。

〔コメント〕
三千年…三千年生きたいんです。
三千年生きたいんですっ!!
三千年、誰か何とかしてください!
あ!や、山中教授……。あなた山中教授ですよね!?
ね、山中教授!やま、ちょ!目を逸らさないでください!
iPS細胞で、ほら!お得意のiPS細胞で僕を三千年生かしてください!
お願いします!500円しかないですけど!
500円しかないですけど三千年生かしてください!

〔web-site〕
http://blog.meltessera.net/
 

岡江真一郎 / OKAE Shinichiro 

〔プロフィール〕
2009 武蔵野美術大学造形学部芸術文化学科卒業
2012 東京藝術大学大学院映像研究科メディア専攻修了

〔コメント〕
白濱の友達たち。
 

荻原貴裕 / OGIHARA Takahiro 

〔プロフィール〕
2010~2012 関井記念館運営
2012 ~ 貧藝品評会主宰

〔コメント〕
偶像と書いてアイドルと呼ぶらしい。
偶像崇拝。僕は白濱崇拝をしようと僕なりの宗教画を描いた。
白濱様~
 

片山高志 / KATAYAMA Takashi 

〔プロフィール〕
1980 岡山市生まれ。画家。
主な個展に新宿眼科画廊 (2013,東京)、ギャラリーAO (2008,2009,2012,神戸)、
十一月画廊 (2010,東京)、 西脇市岡之山美術館 (2008兵庫)、
グループ展にトーキョーワンダーウォール公募2009 作品展 (東京都現代美術館)、
gallerism2009 -画廊の視点- (大阪府立現代美術センター)、
VOCA展2011 (上野の森美術館)、
アートの今・岡山2011-リズムのかたち-The Shape Of Rythm、
パブリックコレクションに西脇市岡之山美術館、ターナー色彩株式会社がある。

〔コメント〕
白濱ちゃんはいつもぼーっとしている。
普通に話しかけてもビクっとしたりする。
「そんな事ないですよぉ~」と言うけれど、 何かが抜けているように思う。
その場に居ながら、どこか別の空間を 持ち前の明るさと、
恐縮です感で身軽に行ったり来たりしているんだと、僕は勝手に思っている。

〔web-site〕 
http://www.takashikatayama.com
 

喜多村みか / KITAMURA Mika

〔プロフィール〕
1982 福岡県生まれ
2007 東京工芸大学大学院芸術学研究科メディアアート専攻写真領域修了
これまでに個展グループ展多数。
主な受賞 : 2004年Juna21入選
2006 キヤノン写真新世紀優秀賞(渡邊有紀との共作)
2013年4月に初の写真集「Einmal ist Keinmal」を出版

〔コメント〕
僭越ではありますが、時々白濱ちゃんとぴったりシンクロするときがあります。
そんなとき、なんとも言えない安堵感と共にとてつもない危機感に襲われます。
それが病みつきになるのです。
しらはまちゃんがおばあちゃんになっても、どうかあたふたしていて欲しいなぁと思います。
でも、あえてそうじゃない白濱ちゃんを撮りたいです。
お誘いありがとうございます。

〔web-site〕
www.mikakitamura.com
 

クロタヌキ / KUROTANUKI 

〔プロフィール〕
神奈川県横須賀市の空家にてチームを結成。
その後、餌ずけされているので眼科画廊に定期的に通う。
ライブ好きなので原宿眼科画廊にも高確率で出没。
キャプテン5は前回体調不良で惜しくも皆勤を逃したのが悔やまれる。

〔コメント〕
たくさんの凄いかたがこの大会に出ていて、
自分の力がどこまで通用するかわかりませんが、
やっぱり出るからには優勝したいと思います!

〔web-site〕
http://eikokubosawa.blogspot.jp/
 

こむろめぐみ / KOMURO Megumi 

〔プロフィール〕
宮城県 / 東京都
2008 宮城県宮城野高等学校美術科卒業
2011 創形美術学校ファインアート科版画専攻卒業

〔個展〕 
2010 第35回全国大学版画展
2012 個展「TENT」(国立本店 / 東京)、個展 「Sheets.」(新宿眼科画廊)
2013 個展「エーテルの底」(新宿眼科画廊)

〔コメント〕
あいらしくて、
うつくしくて、
透明なしらはまちゃん。
わたしあなたの、
ほそい首がすきなのよん。
 

サーチン / searching 


〔プロフィール〕
北海道生まれ 新宿在住の歌手 作詞家 作曲家 編曲家

〔コメント〕
白濱はるかさんへ
最近はめっきりあなたの口うるさい叔母さんです。
かわいいからつい厳しくしてしまいます。
けど、それを愛だと受けとって。
お願い。
すべてあなたを輝かせるためだから。

〔web-site〕
http://www.welovesearching.com/
 

サイトウケイスケ / SAITO Keisuke 

〔プロフィール〕
1982 山形県山形市生まれ 絵描き
2007 東北芸術工科大学大学院修了
エレキギターやポエトリーリーディングによるパフォーマンス、イベントの企画等も行う。
2013年4月より東京都へ移住

[主な個展]
2012 「CRIER FLIER」 (白鷹町文化交流センターAYu:M / 山形)
2011 「BIAS BY US(バイアスバイアス)」(新宿眼科画廊)
2010 「やさしいジュンカン」(新宿眼科画廊)

〔コメント〕
数年前、白濱ちゃんに初めて会ったときは、静かな人だなあ、まじめな人だなあ、という印象でした。
個展の記録写真を淡々と撮ってくれていました。
そしてそこには 、オーナーの田中さんにだけみせる笑顔が!
ぼ、ぼくにもスマイルくださいっ、、!

時は経ち、まるでトコロテンのごとく融和して柔らかくなった白濱ちゃん。
毎日満面の笑みを皆にお届け!すっかりアイドル(a.k.a.社員)となって、すっかり画廊の人気者。
養生テープを切る仕草に皆がキュン。
パテ埋め姿に皆がキュン。
この前なんて、帰り際に手を振ってくれたんだぜ。えへへ。

だがしかし、彼女が描いたマンガに注目しちゃいます。
この、不思議な「間」はなんだろう。
スマッシング・パンプキンズの「メランコリーそして終りのない悲しみ」というアルバ
ムが頭をよぎります。それを知りたいから、描いてみるね、白濱たん。
なんってったってアイドルぅ!
 

坂井俊之 / SAKAI Toshiyuki 

〔プロフィール〕
1988年生まれ
2008 東京デザイナー学院アート科卒業。
2008年4月よりアシスタントディレクターとしてGallery工房親に勤務。
作家としても平面、映像、インスタレーションと様々なジャンルで表現している。

〔コメント〕
タイトル「揺らめいて白濱」
彼女の魅力を言葉にする事はとても難しい。
しかし、表現の対象に置くと、容易に彼女のイメージは作品に溶け込む。
揺らめく30人の白濱はるかのイメージが作り出す画面、
それが彼女の新たな魅力を発見する手がかりとなる事を願う。
 

佐々木友輔 / SASAKI Yusuke 

〔プロフィール〕
1985年神戸生まれの映像作家・企画者。
郊外と呼ばれる場所について考えるための映画を制作したり、
過去の名作映画を模倣する「ある映画史」シリーズの制作を続けたり、
「floating view」という展覧会を開催したり、
「トポフィル」というレーベルを立ち上げて本を出版したり、
手ブレ映像を「揺動メディア」として読み解く(無謀な)映画理論をつくろうとしたりしています。

〔コメント〕
これまでアイドル文化とはまったく縁のない人生を送ってきましたが、
白濱さんを撮らせてもらったことで、ちょっとだけその魅力を知ることが
できた気がします。ありがとうございます!

〔web-site〕
http://qspds996.com/jp/sasakiyusuke/
 

佐藤藤子 / SATO Fujico 

〔プロフィール〕
1989 東京都生まれ
2011 武蔵野美術大学造形学部芸術文化学科卒業
(現在は都内の現代美術ギャラリーのアシスタントとして勤務)

〔個展〕
2009 Roof Special Exhibition Vol.1 サトウ藤子個展 「現像 -Entwickeln-」(国分寺Roof / 東京)
「一夜展」(新宿ゴールデン街 無銘喫茶)
他、グループ展多数

〔コメント〕
高校時代ちょっときになる女の子を瞬間冷凍するとこうなるのではないか...
 

佐藤雄治 / SATO Yuji 

〔プロフィール〕
写真家。東京都在住。
中学時代にカメラと出会う。
2002 日大芸術学部写真学科卒。
ファッションカメラマンのアシスタントを経て独立。
人物をはじめ、建築や風景など、様々なモチーフの撮影を手がけている。
味のある古いモチーフが好きで、ロートル建築、戦跡、廃墟、
寺社仏閣や温泉遺産、クラシックホテルなど、各地のロケーションを車で旅をしながらカメラに収めて巡っている。

〔コメント〕
白濱はるかの居場所には、いつも不思議と大勢の人の環が生まれている。
その環にいると、いつも彼女の存在が放つ不思議な空気に包まれる。
僕もその空気に惹きつけられた一人だった。
僕と同じように、いつの間にか『白濱はるか』という無名のモチーフに、大勢の作家が挑んでいる。
それは紛れもなく、彼女が人々に愛され、人々を幸せにする『アイドル』だからなんだろう。

〔web-site〕
http://yz-works.com/
 

清水篤司 / SHIMIZU Atsushi 

〔プロフィール〕
映像をいろいろ作らせて頂いてます。
基本的にはディレクションをしていますが、撮影・編集のみもさせて頂いてます。
もともと脚本をやっていたのですが、最近は専ら映像制作のお仕事です。
PVやアパレルの映像、TVや企業VP、webTVなどなどです。
なんとか頑張って生きています。
よろしくお願いします。

〔コメント〕
白濱さんの透明感にイロを入れてみました。
今回は特にアカです。
衣装(maice)もこの作品の為に用意してもらいました。
普段は着ないであろう衣装の白濱さんにもご注目ください。

 

鈴木一成 / SUZUKI Kazushige 

〔プロフィール〕
1972 東京生まれ
1995 専門学校桑沢デザイン研究所写真研究科卒、渡仏
1998 帰国後広告・雑誌などでフォトグラファーとして活動を開始
2000 四谷Moleにて個展 以降都内を中心に個展やグループ展、アパレルブランドとのコラボ展示など多数。
2009 奈良Gallery OUT of PLACEにてグループ展、TOKIO OUT of PLACE、ディレクターとして活動を開始
2010 西武渋谷店 グループ展シブヤスタイルに参加
2013 IOSSELLIANI T-02-IOSにて個展「PURO」

〔コメント〕
「白濱ちゃんって本当に存在するんだろうか?」って、撮影当日まで疑ってました。
撮影してみて、「白濱ちゃんって本当は存在してないんじゃないか?」 って疑ってます。
だってリアクションが…
 

ゾルゲルプロ / ZOLGELPRO 

〔プロフィール〕
鈴木携人による水やゲル状の物質を用いた表現を行うプロジェクト。
ライブパフォーマンス、平面、映像作品などを制作している。
きゃりーぱみゅぱみゅ「ファッションモンスター」PV、
6%DOKIDOKI PERFECT BOOKなどに美術で参加した。

〔コメント〕
白濱はるかは菩薩である

〔web-site〕
http://zolgelpro.com/
 

田尾昭典 / TAO Akinori 

〔プロフィール〕
1981 香川県生まれ
2006 東京綜合写真専門学校卒業
現在、神奈川県在住

〔展覧会〕
2008 「I filled my lungs with the cream of dust」(新宿眼科画廊)
2009 「キヤノン写真新世紀2009東京展」(東京都写真美術)

〔受賞〕
2009 キヤノン写真新世紀 佳作

〔コメント〕
僕が初めて白濱はるかと出会ったとき、彼女はまだ十代の少女でした。

〔web-site〕
akinoritao.jimdo.com
 

髙田幸平 / TAKATA Kohei 

〔プロフィール〕
兵庫県神戸市出身
京都造形芸術大学 洋画コース卒業
東北芸術工科大学 大学院洋画領域修了
山形市在住

〔個展〕
「続く地図とつながる絵画」(ANTEROOM KYOTO GALLERY9.5 / 京都)
「表皮から産まれる」(新宿眼科画廊/東京)

〔グループ展〕
「ギャラリーへ行こう2013」(数寄和ギャラリー / 東京・大津)
など、個展・グループ展多数


〔コメント〕
普段はペールトーンで真面目に絵画を描いています。
今回、あの「展示壁に空いた穴をガッシガッシパテ埋めする画廊アイドル」白濱さんと
コラボさせていただけるということで、非常に緊張しつつも光栄に感じております!
 

髙村健志 / TAKAMURA Kenshi 

〔プロフィール〕
1984 神戸市に生まれる
2009 「こびとのしわざ」(concent plugギャラリー)、
「They looked confused as I await an ansuwer」(東京造形大学ZOKIギャラリー / 東京)、
都筑アートプロジェクト(横浜市立歴史博物館・大塚歳勝土遺跡公園都筑民家園)、
小冊子「頭が悪いゆえに 感情が脆いゆえに 記憶が弱いゆえに 」執筆
2010 「色来い。」(新宿眼科画廊)
2012 「秘蹟/sacramentum」(新宿眼科画廊)
2013 「古代感愛集」(新宿眼科画廊)

〔コメント〕
ちょっと苛めたくなったり、ちょっとイタズラしたくなる心を抑えてがんばります^^
 

谷口菜津子 / TANIGUCHI Natsuko 

〔プロフィール〕
1988年7月7日生まれ。神奈川県出身。漫画家。
web、情報誌、コミック誌等で活動中。
2013年6月27日「わたしは全然不幸じゃありませんからね!」(エンターブレイン刊)が、
7月18日には「『さよなら、レバ刺し~禁止までの438日間~」(竹書房刊)発売中。

〔コメント〕
新宿眼科画廊の、いや歌舞伎町の、いや新宿のオアシス白濱ちゃん。
白濱ちゃん、生まれてきてくれてありがとう。

〔web-site〕
http://ocn7nco.jugem.jp
 

千葉高広 / CHIBA Takahiro 

〔プロフィール〕
1971 岩手県出身
日本映画人写真家、写真展多数
映画スチール、雑誌、広告にて活動中

〔コメント〕
白濱さんをヘヴィメタルのヴォーカリストとして撮り倒してやりました!!
楽しかったなあ~!!

〔web-site〕
www.ricochetphoto.com
 

戸村祐介 / TOMURA Yusuke 

〔プロフィール〕
1983年生まれ
多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業
パパタラフマラ舞台芸術研究所卒業
歌舞伎町BarHANAでバーテンとして勤務
表参道Overland Galleryにて企画を行う
新宿区歌舞伎町在住

〔コメント〕
白濱ちゃんとお会いして人生が変わりました。
ありがとうございます。

〔web-site〕
http://www.overlandhair.com/gallery/

沼田学 / NUMATA Manabu 

〔プロフィール〕
主に新宿界隈の闇にまぎれてひっそり活動しております。

〔個展〕
1999 「インド路」(コニカプラザ / 東京)
2000 「極楽鳥」(コニカプラザ / 東京)
2006 「鉄割」(青山上海倶楽部 / 東京)
2009 「指名アリ」(新宿眼科画廊)
2011 「界面をなぞる」(新宿眼科画廊)

グループ展多数

〔作品収蔵〕
清里フォトアートミュージアム

〔コメント〕
白濱はるか公認ストーカーとして活動し始め二年。
闇でひっそり活動していましたが、ついに日の目を浴びるときがやってきました!
「アイドルってまわりの人が作るもの」by水口琢磨
「どんないい原石もよ,磨かねがったら宝石にはなんねぇ」by勉さん
のあまちゃん精神にのっとり、やらせていただきます!
日本初の画廊アイドル誕生の現場を見ていただけると嬉しいです!

〔web-site〕
http://manabunumataphotos.tumblr.com/
 

長谷川清 / HASEGAWA Kiyoshi 

〔プロフィール〕
1978 愛知県名古屋市生まれ
1987 総コマ数10000コマを目指して漫画『へんたいまん』を描きはじめる
2008 金沢美術工芸大学大学院 美術工芸研究科美術研究領域 博士後期課程 修了 博士(芸術)
石川県で小学校の講師を経て、現在、明星大学 造形芸術学部 実習指導員

〔個展・グループ展〕
2005 個展「KIYOSHI HASEGAWA」(マキイマサルファインアーツ/東京)
2005~10 「八尾スローアートショー2005-2010」(毎年 樫尾小学校 2005年のみ旧下笹原小学校/富山)
2008 「COMPLRELATION'08」(マキイマサルファインアーツ/東京)
2009 個展「open長谷川清」(ギャラリー点/石川)
2010 EASY POP ART SHOW 2010 ―夏・田んぼー(福井)
2012 「12POINT」(文房堂ギャラリー/東京)、「現代美術の新世代展2012」(極小美術館/岐阜)
2013 「13POINT」(文房堂ギャラリー/東京)、
個展「とつぜんですが、さっきのつづき」(新宿眼科画廊)、
EASY POP ART SHOW 2013 ―夏・田んぼー(福井)

〔コメント〕
今作では白濱さんお気に入りの道路「目黒通り」が頭の上でぐるぐる回ります。
お楽しみに。

〔web-site〕
http://kiyoshihasegawa.edicy.co/
 

パルコキノシタ / parco Kinoshita 

〔プロフィール〕
1965 徳島生まれ
日大芸術学部卒業
1989 日本グラフィック展パルコ賞
小中高の教師を経て月刊漫画ガロにて漫画家デビュー
イラストレーターを経て現在創形美術学校で教員をしつつ、現代美術集団昭和40年会会員

〔コメント〕
しらはまちゃんは、頭の形がまるくていいよね。
あと、声がいい。
さらに、無防備なところで見せるリアクションかわいい。
いたずらをしてツッコミを入れられたい衝動を押さえるのに必死。
こないだしらはまちゃんのハマっている漫画を読んだけどおもしろかった。

〔web-site〕
@paruchin
 

フェラーリ源太 / FERRARI Genta 

〔プロフィール〕
DJマコッサと共に、ラップユニット「鎌斬」として活動。ライブを見た女性の95%が
〈蔑みの眼で見る、目を合わせない、そもそもその場からいなくなる〉
などの反応を見せる。
しかし残りの聖女は、大半が良い恋愛をしている事実。
一部では「歩くパワースポット説」がささやかれている。

その他の活動は、推しメンの実家の方角に向けた「ご両親におかれましては
彼女 を産み育ててくださり感謝しています」という想いを込めたチャネリング、
各種学び 舎やストリートでの見守り運動、
風紀を乱す過激な写真集の回収(自腹)、心のブス化を防ぐための
ファンシーショップ通いなど多数。

唯一の悩みは後継者不足です。


〔コメント〕
誰かの「持ち味」が開花していく場面に立ち会うと、心が揺さぶられる方は少なくないと思います。
今回の展示では、45組のアーティストが観た白濱ちゃんが作品として一同に会します。
そうすると、彼女の「持ち味」が開花しまくった姿をイメージしやすくなります。

ちなみに自分は、サーチンさんが作った曲に歌詞をつけました。
甘酸っぱいを通り越して、むしろ甘じょっぱいアレです。
そして「ぼくのかんがえた さいきょうのしらはまちゃん」では、
10年以上ぶりに絵(?)を描きました。

未開花のものも含め、白濱ちゃんならではの「持ち味」が一度に見られて
胸アツな展示。
 

星屑のキラメキ / HOSHIKUZUNO KIRAMEKI 

〔プロフィール〕
ダイヤモンド星から地球に不時着した宇宙人、ルーシーとキャロライン
ピンクとブルーで出来ている
地球では新宿眼科画廊で育つ
失った記憶を取り戻すためにバンド活動を始める
時空の歪みで下手に聞こえる
お手伝いをしてくれるのは星くんと小星くん

〔コメント〕
白濱ちゃん
地球の動物、白濱ちゃん
宇宙人にも優しくしてくれてありがとう
感謝の気持ちをこめて白濱ちゃんの歌、「白濱永遠(とわ)」を作りました
知ってる限りの情報と愛情を詰め込みました
白濱ちゃんポッケに突っ込んでロケットに乗りたいな~

〔web-site〕
http://www.hoshikuzunokirameki.com/
 

松岡一哲 / MATSUOKA Ittetsu 

〔プロフィール〕
写真家。1978年生まれ。
日本大学芸術学部写真学科卒業後、
スタジオフォボスにて勤務し、独立。
写真家として活動するかたわら、2008年6月よりテルメギャラリーを立ち上げ、運営をはじめる。
2011年10月、写真展「東京 μ粒子」をテルメギャラリーにて開催。

Ittetsu Matsuoka / Photographer
Born in 1978. Graduated from the Photography Department, Collage of 
Art of Nihon University and worked at studio FOBOS before going 
independent.
While actively serving as a photographer, he started to run a gallery 
named “THERME gallery” in June, 2008. 
He held his personal exhibition 
“Tokyo μ Ryushi (Tokyo Perticle μ)” at THERME in Oct, 2011

〔コメント〕
白濱ちゃんとは、テルメギャラリーの暗室を使いにきてくれたのがきっかけであいました。
個展開催おめでとう!

〔web-site〕
http://www.ittetsumatsuoka.com/
 

まつもとこうじろう / MATSUMOTO Kojiro 

〔プロフィール〕
東京都生まれ。宮城県仙台市育ち。東京都在住。
多摩美術大学大学院美術研究科卒業。
トランスエフュージョン主催。

2010 ワンダーシード2010(トーキョーワンダーサイト渋谷/東京)
2011 HERBEST展(Hidari Zingaro/東京)
2012 Unknownpossibility08(新宿眼科画廊)
2012 トランスエフュージョン(新宿眼科画廊)
2013 トランスエフュージョン02(新宿眼科画廊)
2013 マシマロ戦闘服(新宿眼科画廊)

〔コメント〕
ほんわかぱっぱ ほんわかぱっぱ しらはまたん♪

〔web-site〕
http://www.pixiv.net/member.php?id=2190960
 

もんちゃん☆ / monchan 

〔プロフィール〕
もんちゃん☆
もりのどうぶつ。絵を描く。
にんげんの時は門眞妙の名前で絵を描く。

〔コメント〕
しなやかで丈夫そうな芯が
ちらちら見え隠れしているような気がするのは
気のせいではないはず。
しらはまちゃん。
 

山峰潤也 / YAMAMINE Junya 

〔プロフィール〕
1983 年生まれ。東京芸術大学映像研究科修了。
学生時代、映像や舞台、メディアアート作品の制作を行いながら、
映像編集や撮影、舞台演出、音響などを学びながら、
さまざまなプロジェクトに参加する。
現在は、東京都写真美術館にて勤務し、
「映像をめぐる冒険」や「恵比寿映像祭」など映像を中心とした企画展や
国際芸術祭のキュレーションを行う他、
スロベニアのInternational Festival for Computer Artのライブプログラムなど国内外でイベント企画を行う。

〔コメント〕
屈託のなく純朴な笑顔とそれに反比例する卑屈精神。
そのギャップこそが白濱はるかの真骨頂だ。
それを参加アーティストがいかに租借し、
自分の表現として昇華するか、その全てにおいてそれぞの力が試されている!!!!!!!
 

山本亨平 / YAMAMOTO Kyouhei 

〔プロフィール〕
1985年生まれ
音楽家
「クマに鈴」の一人でもある

〔コメント〕
今回、白濱ちゃんへの曲を提供させて頂くのに際し、いわゆるアイドルソング、
のような曲はあえて作らなかった。
ま、あえてっていうか、それ系の、ギュンギュンした曲とか作ったことないし、
作れなそうってのがあるからなんだけども。
でもあえてっていうのも一応あって、それは、自分が普段作ってるようなガチャガチャした曲を、
あえて白濱ちゃんなんかの女の子の声であえて重ねてったらそれあえて楽しいんじゃん?
ってことであって、あえて可愛い子があえてこういう曲をあえて歌ってたらかっこいいんじゃないかな、あえて。
だから歌ってほしいし、そうなったらあれか、録音とかあれか、しないとか、
あえて家で、基本土日は空いてます、あえて。
 

力也 / Rikiyah 

〔プロフィール〕
力也です。

〔コメント〕
キラキラしたアイドルを絵の中で捕らえるなんてできるの?できないの?
そんなチャレンジっす!
 

わたなべゆたか / WATANABE Yutaka 

〔プロフィール〕
1981 東京生まれ

〔コメント〕
白濱ちゃんをイメージして描きました。

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery