〔展示〕

2014年5月9日(金)~21日(水)

12:00~20:00(最終日~17:00) ※木曜日休廊

「ぴろよの針仕事展」「鬼女」

増田ぴろよ

スペースS、E


 

男根モチーフのテキスタイルをすべて切り刻むことにした。
ひと針ひと針に愛と憎しみをこめたロマンチック・キルトワーク。 

 

アイドル、父性不在、永遠の娘たち。偶像崇拝とモノローグ。


★トークイベント★
2014年5月16日(金) 20:00~ 
※定員30名→定員に達しました
 

●増田ぴろよ / MASUDA Piroyo

〔プロフィール〕

キルト作家(2014年5月現在)
埼玉県出身。保育園を経営する女系家族(4姉妹の3女)に生まれる。
女系家族・女の業・男性への愛憎を糧に制作。
手法は版画、マンガ、テキスタイルデザイン、手芸などを用いる。
2009年より実体験を描いたアートコンプレックスまんが「画廊の画家ガール」シリーズ、
2011年より男性器モチーフのアート&クラフト活動「ペニ手芸部」(ウェブマガジンVOBO連載)
2012年より男根テキスタイルによる回転ベッドインスタレーション「愛欲の布団」
「新宿回転ベッド」シリーズを展開。
アトリエサード発行『トーキングヘッズ 男の徴 女の徴 しるしの狭間から見えてくること』
巻頭カラー3ページ特集、モノクロ8ページにわたってインタビュー掲載。
日刊ゲンダイ「私のヰタ・セクスアリス」(インタビュアー:丸山あかね)
インタビューがTOKYO MX「5時に夢中!」夕刊ベスト8コーナーで1位を獲得。

 

〔活動歴〕

2013個展「新宿回転ベッドPenisTexitile」(新宿眼科画廊 / 東京)

 グループ展示「ぺ凡なの。」(Bar星男 / 東京)
Model:七菜乃 / 衣装:ひさつねあゆみ / 撮影:内野秀之

2012女性現代美術家20名の祭典「南宇都宮石蔵秘宝祭」主催

  

〔TEAMマコプリメンバーとして参加〕

2013会田誠展「天才でごめんなさい」(森美術館 / 東京)

 「シブカル祭。」(渋谷PARCO / 東京)

2012「シブカル祭。」(渋谷PARCO / 東京)

2011会田誠展「美術であろうとなかろうと」(トーキョーワンダーサイト本郷 / 東京)

 

〔WEB-site〕

http://masudapiroyo.com

 

〔twitter〕

@masu_piyo

 

〔個展告知ページ〕

http://masudapiroyo.com/?p=642

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery