〔展示〕

2015年7月03日(金)~15日(水)

12:00~20:00(最終日~17:00) ※木曜日休廊

増田ぴろよExhibition 新宿回転ベッド〔前期〕「男犬」

​増田ぴろよ

会期中イベント(01) / 7月7日、8日 ※詳細は下記参照

会期中イベント(02) / 7月27~29日 ※詳細は下記参照

スペースM、S、E

〔展示概要〕
電動回転ベッドが新宿眼科画廊に出現。犬と男と母とベッド。めくるめく ぐるぐる回る一ヶ月。

〔前期〕「男犬」
絶対に私より先に死なない犬が欲しい。雄の犬ならなお可愛い。
犬を飼い、狩りに旅立ちときどき買う。
男を信仰すること、消費すること。やがて私が消滅すること。
実験と挑戦のその先に見える景色を、今日も夢にみる。

〔後期〕「MOTHER」
私ってかわいそう。
母の言葉であり、母の母とその母に連鎖する呪いの言葉。
やさしさを絡めとる呪いは過去から地続きでつながっている。
ずっと昔から、わたしを囲む土壌は汚染されていて自覚のないままに私たちは狂っている。

〔会期中イベント01〕
プリンレディpresents 増田ぴろよ劇場
「愛の若草物語~呪いの女系家族に生まれて~」

日時:2015年7月7日(火)、8日(水) 19:30オープン / 20:00スタート

会場:新宿眼科画廊 スペース地下

料金:各日 / 前売り:¥2000-
※予約特典有り
※当日券の有無につきましてはイベント前日にツイッターにてお知らせ頂きます
https://twitter.com/gankagarou

〔イベント概要〕
この物語は、北関東の田園地帯に代々続く由緒ある女系家族の闘いの記録である。そして、ペニスを心底憎みながらも真実のペニスを探し求め、振り向くことなく走り続けている増田ぴろよと、その姉妹達が、自分の運命を切り開いていく愛とロマンである。

〔脚本・総監督〕
美貴ヲ(プリンレディ)

〔出演〕
ゆっきゅん、川畑usi智史、遠藤ちえ、衣純、増田ぴろよ
※公演後に出演メンバーによるチェキ会、物販有

〔オープニングトーク〕
「ぴろゆっきゅんの歌謡ショー」※スペシャルゲスト有

協力:舞台芸術創造機関SAI
美術:増田ぴろよ+美貴ヲ
衣装:Drink me 映像:ナマコラブ

〔予約〕
7日(火) http://piroyo01.peatix.com/
8日(水) http://piroyo02.peatix.com/

〔会期中イベント02〕
根本宗子presents
「私の可愛さと可哀想さで少しだけ世界が変えられたらいいのに。」
脚本・演出 根本宗子

日時:2015年7月27日(月)~29(水)
27(月)20:00開場 / 20:20開演
28(火)20:00開場 / 20:20開演
29(水)16:00開場 / 16:20開演

会場:新宿眼科画廊 スペースM

出演:尾崎桃子

料金:1,200円(展示中のスペースを使った短編演劇です。)

〔予約〕
https://www.quartet-online.net/ticket/watashino
★7月3日10:00 受付開始

〔個展〕

2013「新宿回転ベッド PenisTexitile」(新宿眼科画廊 / 東京)

2014「ぴろよの針仕事展」(新宿眼科画廊 / 東京)


〔受賞歴〕

20143331千代田芸術祭 辛酸なめ子賞


〔Twitter〕
https://twitter.com/masu_piyo

〔Web-site〕
http://masudapiroyo.com

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery