〔展示〕

2015年9月04日(金)~16日(水)

12:00~20:00(最終日~17:00) ※木曜日休廊

「cosmoscosmetic」

宮川ひかる

スペースM、S、E

〔展示概要〕
今回の宮川ひかる個展は「cosmoscosmetic」と題し、身体と美の関連性をテーマとした作品を発表します。

cosmetic(コスメティック)とは美容や化粧を意味し、宇宙を意味するcosmos(コスモス)と同じ語源を持ちます。身体の美を整える事は宇宙の秩序と調和する事につながると思います。そして、私たちが太古から行っていたであろう身体を装飾する行為に、宇宙そのものと繋がるような原初的な美を見つけられるのではないかと考えます。

私たちの爪や髪が日々成長している事は、洞窟の鍾乳石が長い時間をかけて育成されていく過程に似ています。爪に塗ったポリッシュの根元から時間とともに徐々に新しい爪が生えてくるとき、肉体自身から『私はここにいる!』と言う声が聞こえてくるような感覚に陥ります。

そんな身体とは、私たち自身の意識を離れて、ひとつの生命体として日々何を感じ、何を思っているのでしょうか?

あるいは、古代人は夜空を見て、輝く星に願いを託したように、洞窟では、暗闇に光る鍾乳石の輝きに、創造力を大いに刺激されたのではないでしょうか?

今回の展示では、アクリルスカルプチュアによる鍾乳石ネイルが輝き、頭皮に洞窟壁画のマンモスが蘇生し、ボディカッティングによって最もプリミティブな身体の装飾が再現されます。そして、オープニングレセプションでは、ネイルケアを実際にご来場いただいた方々に体験して頂ければと思っています。

ぜひ、あなた自身の身体に潜む生命の美と輝きを感じてください。

〔プロフィール〕
1976 名古屋生まれ
2005 フランス・グルノーブル美術大学卒業
2007 スイス・ジュネーブ美術大学修士課程修了

在学中から、モード・テキスタイル博物館(パリ)、ジュードポーム美術館(パリ)、コレクション・ランベール(アヴィニョン)などの美術館でのグループ展に多数参加、06年、個展 「Trip of Hikaru」(高橋コレクション/東京)、07年、ジュネーブ市Lissignol-Chevalier賞受賞。近年は、ネイルアート、ボディカッティング、タトゥーなどの身体に関わる装飾と人類のプリミティブな創造性との関連を探究し、2014年、「Fleshing」(TRAUMARIS/東京)、「Glittering」(3331 Gallery/東京)で個展を開催。2015年、日本ネイリスト技能検定試験3級取得。

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery