​〔展示〕

2016年09月09日(金)~14日(水)

12:00~20:00 ※木曜日休廊

「陰森凄幽」

Tauchi Sakura、小笠原健、春風周一、Guenh

スペースM


 

〔展示概要〕
陰森凄幽‐いんしんせいゆう‐樹木が生い茂ってひどくひっそりしている様。

植物や動物、空や水などは常に人間のそばに有ります。
しかし、時として人間のみ、言葉のみの生活に終始する私たちから意識の上で遠いものとなってしまいます。
私たち人間はその息づかいをどれほど感じながら生きているでしょうか。

目を凝らせば見えてくる形、耳を澄ませば聞こえてくる音、あるいは形も音もないけれども確かに在る力。
自然物にヒントやテーマを得た手描き作家四名の展示です。
 



●Tauchi Sakura

〔プロフィール〕
1984 愛媛県生まれ
2008 武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン科修了

〔主な活動歴〕
2006 神話・錬金術・動植物などをモチーフに内面世界をテーマにしたペン画の制作を始め、都内で展示・発表を行う。

〔web-site〕
http://d.hatena.ne.jp/sakura1943/



●小笠原健

〔プロフィール〕
1982 山形県生まれ
2008 某大学院博士前記過程 修了
2009 ペン画活動を開始後休止
2014 活動再開



●春風周一

〔展示・活動歴〕
2012~2014 デザインフェスタ38
相模大野 アートクラフト春の市
コミティアなど
2015~ 大細密展
いろは会ミュージックフェス ライブペイント・展示
ITANZA 早春コレクション等



●Guenh

〔活動歴〕
2014~ アモーレ銀座ギャラリーを中心に活動。
2015、2016 ベラドンナアート展に参加(東京都美術館 / 東京)
2016年11月にグループ展「影を踏む」を主催予定(奥野ビル Y's Arts / 東京)

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery