〔展示〕
2016年12月9日(金)~14日(水)

12:00~20:00(最終日~17:00) ※木曜日休廊

「浮きて、えがたきもの」

佐伯裕圭

スペースS

〔展示概要〕

ここは心象風景。可視と非可視の狭間の世界。

浮きて得難き泡沫のように、すべては生まれて消えてゆく。

泡沫のむなしさを認めながらも、消えゆく泡を追うのではなく、消えゆくものに確かに‘在る’ものを追って掴みたい。

生まれては消えゆきながらも‘在る’とういう不思議さを探ることで、一瞬と同時に永遠が在る尊さを確かめたい。

見つけえない、語りえないながら、そうでなくてはならない、大切な秘密の法則を見つけていきたい。
 

 

〔作品について〕

近年、続けて制作している、作品は鳥の姿からヒントを得た女性像です。(性別がわから

ないものもあります)

鳥の姿を用いることで、女性像が女性像以上に見える形を、心地よく探させてくれます。

そして、私は心象風景、可視と非可視の狭間に心を置いて、この女性像の物語を思い

描きます。これも大切な制作過程の一つです。

イメージが浮かんでは消えてゆきます。

全てが、生まれては消えてゆくむなしさを認めながら、消え行く物に確かに‘在る’ものを、私は追いはじめます。

生まれては消えてゆきながらも、‘在る’とういう不思議を探って、一瞬に永遠が在る尊さを確かめたい。

そうでなくてはならない,大切な秘密の法則。作品制作をとおして見つけていきたいです。

〔プロフィール〕
佐伯裕圭 / SAEKI Yuka

1979年生まれ

関西芸術短期大学デザイン美術科陶芸コース卒業

陶芸作品の個展、グループ展、関西を中心に多数

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery