〔展示〕
2017年8月25日(金)~9月6日(水)

12:00~20:00(最終日~17:00) ※木曜日休廊

「辺(ほとり)にて」

高橋亜弓

スペース M



〔概要〕

辺(ほとり)とは、際、そのそばなどの場所を意味する言葉だが

中でも水辺を指して使われる。

 

人は古来から、生と死を水で隔てていた。

死後の世界は川の先であり、船に乗って渡るという表現は

日本でも海外でも共通してみられる文化でもある。 

仏教では迷いの混沌を海や川で表し、それを乗り越えた悟りの境地を彼岸、

生死を解脱しない現世を此岸とした。

 

私の描くものたちは、いわば水を隔てた彼岸の国にいる。

その体に雌雄はなく、言葉を必要としない完結した存在。

私だけの神だ。

 

私は川のこちら側から、はるか向こうに岸を見る。

到達することのできない、理想の国を見る。

そこに何があるかは遠く、はっきりとわからなくても

「在る」ことだけを私は確かに知っている。

 

たどり着けない岸へと焦がれながら、私は川の向こうに住まう尊きものを描く。

見えなくとも在ると信ずる私の神達を、

この辺(ほとり)にて佇みながら。


〔プロフィール〕

高橋亜弓 / TAKAHASHI Ayumi

 

多摩美術大学版画科卒業。

在学中より木版の油性凹版を用い、女性体でもなく、男性体でもない狭間のもの達のかたちを描く。

現在木版を中心にドローイングなど活動。

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery