〔展示〕
2017年11月24日(金)~12月6日(水)

12:00~20:00(水曜日~17:00) ※木曜日休廊

「BOX/RING」

RYOHEI KANEDA & KAZUKI TAKAKURA

スペースO

〔展示要項〕

2017年現在、デジタルグラフィックは大きく「Vector」と「Raster」の2種類に分けられる。「Vector」とは、Adobe Illustratorに代表される線と面による座標表現。「Raster」とは、主にAdobe Photoshopなどで描かれるドット集合描写のことで、それぞれ明確な違いがある。
デジタルツールは一様な印象を持たれがちだが、制作中の姿勢や視線の流れ、デバイスを駆使する両腕や指先の動きなど、できあがる作品は、操作する者の身体性が色濃く反映されているのではないだろうか。この点は先人が培ってきた様々な平面表現も同様であるが、「身体と画面」「身体とデジタル」の関係は、どこか特殊で、新しい可能性を秘めているように感じる。それは、まるで透明な自身を俯瞰で操作するようだ。

主に、金田は「Vector」、たかくらは「Raster」を用いた作品を制作している。BOX/RINGでは、制作時間を制限することによって浮き出る身体性、時間とアイデアの相関をあらわにし、スポーツやセッションのような即興的作品の制作を試みる。

◯ルール
全部で12ラウンド/12テーマの作品を制作する。
テーマはwikipediaより選出する。各テーマごとに
 ①金田単体作品
 ②たかくら単体作品
 ③互いの作品を使って金田が再構成したもの
 ④互いの作品を使ってたかくらが再構成したもの
の4作品を制作する。
制作時間は、1R/3分、2R/6分、3R/9分、4R/12分、5R/15分、6R/18分、7R/21分、8R/24分、9R/27分、10R/30分、11R/33分、12R/36分とする。
12ラウンドで48パターンの作品が生まれる。


​〔プロフィール〕

●金田遼平 / RYOHEI KANEDA
グラフィックデザイナー/アートディレクター
1986年神奈川県小田原市生まれ。法政大学在学時に独学でグラフィックデザインを始め、卒業後に渡英。帰国後は都内デザイン会社に所属しつつ、個人名義でも活動中。広告、音楽、書籍や雑誌、CIやVI、店舗、プロダクト、ファッション、WEB、映像などグラフィックデザイン全般の制作を行う。
http://kanedaryohei.com/

●たかくらかずき / KAZUKI TAKAKURA
イラストレーター/アーティスト/ゲームクリエイター
1987生まれ。ドット絵やデジタル表現をベースとしたイラストで、音楽、CM、書籍、WEBなどのイラストや動画を制作。劇団『範宙遊泳』ではアートディレクターを担当。『宇宙冒険記6D』で初の脚本を担当した。pixiv zingaroにてグループ展『ピクセルアウト』を企画/主催。2016年より『スタジオ常世』の名でゲーム開発を開始、『摩尼遊戯TOKOYO』を開発中。
http://www.takakurakazuki.com/

​〔WEB-site〕

 

http://boxring.club/
 

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery