〔展示〕

2018年1月19日(金)~1月31日(水)

12:00~20:00(水曜日~17:00) ※木曜日休廊

「▶」

松尾ほなみ

スペースM

●オープニングレセプション

 1月20日(土)19:00〜20:00

〔展示概要〕

立体を形どる時に、必ず犠牲になる素材がある。一つの素材が生成する間には人間の生死が何回転されるのだろうか。だからこそ、形と素材のやりとりは注意深く行われる必要がある。​しかし、素材に切り込みを入れるのは一瞬だ。私は時間を経てできた素材を殺しながら我が物顔で形をつくっている。漫画を塗り固めている時は娯楽の享受と罪悪感を。生木に彫刻する時は、生きているものを支配する喜びを。石を磨く時は時間の塊に傷をつけるように。

ありえない場所にありえない存在を立たせることは、最も血が湧くいたずらなのだ。昔祖父が些細なおふざけをした。玄関先に、いもしないはずのクジラが来ていると母を揺り起こした。私も息の根を止めた素材をずらした形で再生させることで、寝た子を呼び覚ましたいのだ。

 

〔プロフィール〕

松尾ほなみ / Matsuo Honami

1990 千葉県出身

2014 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業

2016 東京藝術大学修士課程彫刻専攻修了

2012 MAU+KKH スウェーデン国立芸術大学との合同ワークショップ 

2012 スカンジナビアニッポンササカワ財団

2012 小平アートサイト「点在する今」​

​​​2013 小砂環境芸術祭 KEAT大賞受賞  

​​​2013 アートサイト八郷出展

2014 東京五美術大学連合卒業・修了制作展

2014 武蔵野美術大学交友会コレクション(島根)

2014 小東京☆銀河 美術商店 大東京卸売市場 参加

2015 川崎でアート2015(主催 / 東海道かわさき宿交流館・アートかわさき実行委員会)

2015 Short Short Story –彫刻小作品展-(藝大アートプラザ)

2015 個展「反・ごらく」(Gallery+café blanka / 愛知)

2016 東京藝術大学修了展  東京都知事賞受賞

2017 環境芸術学会 第18回大会 発表参加

2017 「彫刻の 五・七・五展」(女子美術大学アートミュージアム​ / 東京)

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery