〔展示〕

2018年2月23日(金)~28日(水)

12:00~20:00(水曜日~17:00) ※木曜日休廊

「ニーナ」

kafkanako

スペースS

〔展示概要〕

ある日、身に覚えのない罪で逮捕された。
これは脳の手術をした翌月に起こった、名前と記憶を失った帽子屋の話。

新作のインスタレーション、立体作品を展示致します。

〔プロフィール〕

kafkanako(カフカな子)
アーティスト / 美術作家
愛知県出身、神奈川県在住。
2011年にロンドンの展示に参加したついでに、ヨーロッパを1か月間一人旅する。
帰国3日後に3.11が起こる。その後、精力的に多くの展示に参加。
自身の経験から命について思考した作品を、技法や手法にとらわれることなく表現する。

〔WEB-site〕https://kafkanako.tumblr.com
〔Mail〕kafkanako@gmail.com
〔Twitter〕@kafkanako


〔Artist statement〕

「創」という文字には「刃物による傷」という意味があります。
「創」とは「傷」です。 そして創造には「想像」が不可欠です。
私は私の致命傷を表すことで、あなたに傷を負わせたいのです。
そして作品を通し、死を詩的に紡ぎたいと思っています。

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery

「ニーナ」