〔展示〕

2018年3月9日(金)~14日(水)

12:00~20:00(水曜日~17:00) ※木曜日休廊

「Organ-ism」

Hanako Mori

スペースO

〔展示概要〕

記憶とは生物のようである。新しい記憶は古い記憶の上に徐々に蓄積される。それぞれの記憶は半透明であり、互いに混ざり合う。それらは無意識的に繋がっていき、一つの記憶の領域を作るのである。記憶を集めることにより、その領域はより大きくなってゆく。記憶は私たちの精神の中で私たちの意志とは無関係に自由に動き回るのである。

 

私の作品は記憶から取り出されたイメージの塊である。時には意識から。また、時には無意識の中から。そういった意識や無意識からとったイメージを繋ぎあわせることで、私は記憶の仕組みを理解しようと試みる。よって、私の作品はこの実験の視覚的結果なのである。

 

Memories are like an organism. New memories are piled up on old ones. Every memory is

translucent and they blend to each other. They are also subconsciously connected to each

other and makes one memory sphere. It gets bigger and bigger as it collects more memories. Memories are independent from our own will and move one place to another in our minds like cells in our body.

 

My works are images collected from my memories. Sometimes from consciousness. Sometimes from subconsciousness. By putting those images together, I try to figure out how our memory works. My works are thus a visual result of this experiment.

〔プロフィール〕

森華子

1994年東京生まれ。

幼少期を東京とロサンゼルスで過ごすことにより、様々な文化に触れる。

テンプル大学ジャパンキャンパスにて、ドローイングやペインティングを中心に、グラフィックデザインやモーショングラフィックなど多様な分野を学ぶ。裁縫や刺繍を独学するとともに、2015年に一学期間フィラデルフィアにてガラス工芸とジュエリーメイキングも学ぶ。これらの技術を使いアクセサリーなども作っている。19歳に初めての個展を開いた彼女は東京をはじめ、ソウル(韓国)やニューヨーク(アメリカ)などの都市でも作品を展示する。

 

彼女の作品は自己発見過程の結果である。彼女は精神からこみ上げてくる様々なもので作られた記憶をもとに制作している。世界に対する記憶や思いが題材のため、彼女の作品は彼女自身の軌跡でもある。

 

Hanako Mori was born in 1994 in Tokyo, Japan. She is going to earn her BA in Art from

Temple University Japan in 2018. Spending her youth both in Tokyo and Los Angeles, she

was exposed to different cultures. While Mori is self-taught in sewing and embroidery, she

spent her semester in Philadelphia in 2015, studying glass and jewelry making. She utilizes

these techniques for her accessory works. Following her first exhibition at the age of 19,

Mori has shown in Tokyo, Seoul, and New York.

 

Her works are the result of her self-discovery process. She mostly works with her memory,

which are linked together as a stream of whatever arises from her mind. Putting her memories and her thoughts about the human world, her works are personal history as she interacts with the world around her.

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery

001