〔展示〕

2018年3月23日(金)~3月28日(水)

12:00~20:00(水曜日~17:00) ※木曜日休廊

「セルフポートレイツ」

竹久直樹

スペースM

〔展示概要〕

この度、竹久直樹の初となる個展を新宿眼科画廊にて開催いたします。
竹久直樹は今まで主にデジタルメディアを用いて、写真における撮影者-被写体の関係性や、その撮影時にまつわる事象についての作品制作に取り組んできました。
今回の個展「セルフポートレイツ」では、写真というものが孕む記録メディアとしての不完全さをベースにしつつ、iPhoneで撮影された写真を基にした新作群を発表いたします。
今回の展示に際し作家は、シンクロしてシャッターを切る2台のiPhoneを用い、「ポートレート」写真と「ポートレートを撮った」写真たちを撮影しました。二通りの写真群を軸に組まれた作品群は、写真というものがあくまで眼前の風景を撮影者が都合よくトリミングしたものであることを我々に突きつけ、記録メディアとしての不完全さを暴く一方で、それでもなお行われる「写真と記憶との結びつき」の真髄とは一体何者であるのかを我々に提示することでしょう。
この機会にぜひご高覧いただけますと幸いです。

 

〔プロフィール〕

多摩美術大学情報デザイン学科メディア芸術コース在。

写真、映像、文章等の媒体を横断的に扱いながら、写真が撮影される瞬間にまつわる事象、写真の記憶装置としての立ち振る舞い、また撮影時に発生する人称を軸に作品制作を行う。

 

〔WEB-site〕

ne0kitakehisa.org/

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery