〔展示〕

2018年6月8日(金)~13日(水)

12:00~20:00(水曜日~17:00) ※木曜日休廊

「blue blue blue」

kafkanako

スペースS

〔展示概要〕

「死」は青い光を放つ。

この光は次第に強くなり、死の瞬間に最大に達し、直後に消える。

 

上京したての頃、ゆりかもめから見たビル群は墓石に見えた。

空には青が広がっていて、昔テレビで見た長方形の巨大な岩の海底遺跡を思い出させた。

深海に墓石が並んでいるようだった。

 

空も海も地球も、私たちには青く見える。実際には違う色だとしても。

今回の展示では、青色がもつ不思議な引力を思考する。


〔プロフィール〕

kafkanako / カフカな子

Artist・美術作家

愛知県出身、神奈川県在住。被虐待児。

2017年の1月に頭蓋骨に穴を開け、脳の手術をする。その後5年ぶりに制作を再開。

自身の経験から命について思考した作品を、技法や手法にとらわれることなく表現する。

〔WEB-site〕https://kafkanako.shop

〔MAIL〕kafkanako@gmail.com

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery