〔展示〕

2020年1月24日(金)~2月5日(水)

12:00~20:00(水曜日~17:00) ※木曜日休廊

「醒めてからが夢」

髙橋あやな

スペースE

〔概要〕

髙橋あやな初の個展。
詩、川柳、映像ほか作品の展示。

“酒の肴になろうが万歳
ばかみたい、気持ち悪いという言葉に
傷をつけられるほど
わたしの夢も あの子の夢も
柔軟なものじゃないんでしょう
諦めて そぎ落とされて 濾過されて
それでも 最後に残ったものを
大人の夢、って呼ぶんだから”​

〔プロフィール〕

髙橋あやな TAKAHASHI Ayana
ナレーターとして活動しながら、詩活動も行う。
講談社主催「ミスiD2019」鹿野淳賞ほかW受賞。
詩集『マニキュアを塗った夜は自慰行為ができない』『死んじゃうことになりました』

2作は、自宅印刷・製本による完全自作のZINE。

ほか、川柳集『今日だけ泊めてよ』を発売。
 

〔メディア出演〕

日本テレビ「女が女に怒る夜」「ニノさん」、テレビ朝日「タモリ倶楽部」、フジテレビ「99人の壁」ほか。

〔instagram〕

@suama__pic/

〔Twitter〕

@tkhs_ayana

〔WEB-site〕

https://www.ayanarration.com/

 

〔facebook〕

https://www.facebook.com/ayanarration/

もっと見る

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery

noimage