〔演劇〕
2017年1月22日(日)

Kisha Another Works Vol.01
「雨月物語の話がしたい!」

劇団貴社の記者は汽車で帰社

全席自由: ¥2000-

新宿眼科画廊スペース地下

〔あらすじ〕

安永5年(1776) に上方で刊行された読本(よみほん)『雨月物語』。
上田秋成の冴えた文体で紡ぎだされた、怖ろしくも美しい怪異小説である。

約束への執念が、信じたい思いが、晴らしたい恨みが、狂おしい愛が、
―あるいは死霊に、あるいは鬼に、ひとを変えゆく物語

「菊花の約」「浅茅が宿」「吉備津の釜」「青頭巾」

今宵はこの4編―
あなたと、雨月物語の話がしたい!

〔スケジュール〕
2017年1月22日(日)
11:00 / 15:00 / 18:30
※開場は各回開演30分前より。
※前売・当日一律。学生割引はありません。
※開演5分前までにご来場のない場合キャンセル扱いになり、お席をご用意できない場合がございます。余裕を持ってお越しください。

 


〔チケット予約フォーム〕
https://ssl.form-mailer.jp/fms/c0e8e6e9475314


 

〔キャスト〕
東暁男
筒井久実子
久保田祐司
菅小百合
植竹広佑
木村公彦
金澤玲子
猪山那美
関善之(客演)
吉田優一
千野裕子

 


〔スタッフ〕
脚本・演出 / 千野裕子
照明 / 鶴田聡(水槽ラドン)、小坪加奈
音響 / 岡みのり
衣装 / 金澤玲子
小道具 / 木村公彦
映像 / 荒川大(劇団ハーベイ)、猪山恵美
写真 / 相澤優多

 


〔企画・制作〕
劇団貴社の記者は汽車で帰社
http://kisha4.web.fc2.com
@kishax4


〔お問合せ〕

http://kisha4.web.fc2.com/form.html



〔Kisha Another Worksとは〕
2005年から日本古典文学を舞台化してきた“劇団 貴社の記者は汽車で帰社”が、時代衣装を脱ぎ捨てて、古典文学作品の世界を「いま現在の服装」と「言葉」でお届けする企画。
十周年記念公演『宇治十帖の話がしたい!』のご好評を受け、この冬、新たなシリーズとして始動します。

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery