〔展示〕
2017年2月17日(金)~22日(水)

12:00~20:00(最終日~17:00) ※木曜日休廊

「15年1本勝負」
写真家 宮木和佳子 × 西口プロレス
宮木も西口も15周年記念写真展

スペースM、S、E


〔展示概要〕

宮木和佳子と、旗揚げから撮り続けているお笑いプロレス「西口プロレス」が同時に15周年を迎えたことを記念して

過去15年間、ざっと30万枚以上の中からよりすぐった写真展。

血糊、フランスパン、濡れタオル、数々の小道具、

そして今となっては有名になった数々の芸人たち。技の写真はほとんどなし!

 

一見するとふざけてる1枚1枚。15年も蓄積すると、もはや選手ですら追えないほどの「バカの地層」。

その先には何がある!?

15年1本勝負の行方は、皆様が決めてください。

​〔イベント〕

毎日なにかしら開催しております

最新情報はhttp://waka-m.wixsite.com/wgwfphoto内「写真展イベントカレンダー」にてご確認ください

 

17日18時 「オープニングトーク」出演:宮木和佳子

17日19時 「西口女子部による禁断トーク」出演:賀川照子、吉瀬晶子、宮木和佳子

18日18時 「ユンボ、三平の思いで振り返り」出演:ユンボ安藤、三平三平、宮木和佳子

19日15時 「歴代西口社長トーク」出演:神風健三郎、焙煎互 / MC:中邑珍輔

22日16時半「西口リングアナウンサーとトークファイナル!」出演:川本文明、まめ、宮木和佳子

 

〔プロフィール〕

写真家 / 宮木和佳子

1月10日生まれ。

女流カメラマン。
福岡県出身

日本大学芸術学部写真学科卒業
 
学生時代に、プロレスの写真に興味を抱き、そのままリングサイドへ。
日本に2人しかいない女性のリングカメラマンとなる。
デスマッチ団体「大日本プロレス」ではオフィシャルカメラマンを2年弱務める。
その他、撮影団体は15を超える。卒業時、プロレス試合の組み写真で、
「金丸茂嶺賞」を受賞。
 同作品で、2002年、恵比寿のガーデンプレイスにて行われた
「日韓共同開催 若手カメラマン ON&OFF」
では、若手カメラマン50人に選ばれ、日大芸術学部写真学科教授による推薦で展示。
また、2008年1月、西麻布にて、プロレス作品を集めた初の個展を行う。

2004年よりグラビアカメラマンに、アシスタントとして師事。
これまでのスポーツ写真より多くの技術を学ぶべく、3年のアシスタントを経て
モデル撮影、広告、グラビアなどを学び、主な撮影ジャンルはプロレスより、
雑誌、広告、ファッションなどの人物撮影へと移行。
アパレルビジュアルイメージ撮影、写真集出版、など活躍の場所を広げる。

(有)アット・ウィルにカメラマンとして在籍しつつ、
2008年11月に株式会社ミニーナを立ち上げ、ミニーナでは代表取締役を勤める。
2011年ミニーナ、アットウィルを退社し、完全独立。
 
フリーランスカメラマンとして勢力的に撮影をする傍ら、
2011年より個人的にカメラ講座を開講。
「楽しい一眼レフ」をモットーに何も知らない人に一眼レフを教えるカメラ講習会を不定期開催。
2012年夏ごろより、美容師をターゲットにipadと連動した営業プロモーションのための写真講座がZELEネットワーク内で正式決定し2014年には社団法人日本アート教育振興会と共に、「アートで豊かな人生を」をテーマにカメラを一から学ぶ「プラクティカル認定講座」を立ち上げ、新宿に教室をかまえる。創設3年で生徒数は380名を超える。
 
また、2011年よりテレビ東京「極嬢ヂカラプレミアム」にて、
“働く女の決意のヌード”企画にカメラマンとして参加。第一弾より終了した第五弾まで、
カメラマンとしてレギュラー出演し番組内でセミヌード撮影を行った。
若手俳優グラビア撮影経験により、ニコニコスターチャンネルにて放送中の若手俳優トーク番組「生男ch」のMCを2012年10月より開始。

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery