〔展示〕
2017年10月13日(金)~18日(水)

12:00~20:00(最終日~17:00) ※木曜日休廊

「eroerism」
MIRAI
スペース S


 

〔展示概要〕

今回の展示タイトルの「eroerism」(エロエリスム)とは、”エロティック”と”マニエリスム”を掛け合わせた造語です。

”マニエリスム”とは、不自然なまでの誇張を用いて、非現実的な人体を描く手法のことです。

現代日本にはエロエリスムが溢れています。

キャラクター文化、特に性的なアニメやゲーム・漫画における女体の表現は、ファンタジーといっていいほど理想的に歪められています。

それはまさに現代のマニエリスムです。

今回わたしは、平面作品におけるエロエリスムを表現しました。

漫画で使われる吹き出しや集中線・コマ割りなどの手法を取り入れて、女体を性的に誇張したのです。

それは、理想美の一つの到達点といえるでしょう。

〔プロフィール〕

都内在住。アニメ調の少女やキャラクターをモチーフに、キャンバスにアクリル絵の具で平面作品を制作しています。

 

〔個展〕

2017 「Another Planet」(新宿眼科画廊 / 東京)

2014 「COLORS」(新宿眼科画廊 / 東京)

2014 「Bitcheees!!!」(新宿眼科画廊 / 東京)

2013 「implosion」(新宿眼科画廊 / 東京)

2012 「crazy Japan」(新宿眼科画廊 / 東京)

 

〔グループ展〕

2015 「kaleidoscope」(新宿眼科画廊 / 東京)

2014 「アイハラミホ。展」(ギャラリー202号室 / 東京)

2014 「鬼哭」(新宿眼科画廊 / 東京)

2013 「トランスエフュージョン1」(新宿眼科画廊 / 東京)

2013 「トランスエフュージョン2」(新宿眼科画廊 / 東京)

 

その他、多数

〔Twitter〕
https://twitter.com/old_future_m

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery