〔演劇〕

2018年2月16日(金)〜18日(日)

「川、くらめくくらい遠のく」

​ムニ

一般:¥2500- / 学生:¥2000-

当日:¥3000-(学生、一般共に)

スペース地下


〔概要〕

かつて人は水を汲みに川に向かいました。江戸川、多摩川、荒川、隅田川、神田川、目黒川……今も東京にはいっぱい川があって、人は川に向かいます。

ここに、ひとつの、あたらしい川をつくりたい。

川を見ている3人のことよりも、3つの川の見え方があることを信じてやっていきます。(宮﨑莉々香)

〔ムニ・宮﨑莉々香プロフィール〕

1996年高知生まれ。中学2年生の冬ごろ俳句をはじめ、「オルガン」ほかで作品を発表中。共著に「天の川銀河発電所―Born after 1968 現代俳句ガイドブック」。

高山明演出「ワーグナープロジェクト」(2017.10)に参加。2017年、劇団員を持たない個人ユニットとして、演劇団体「ムニ」を立ち上げ、主宰。「つくる」過程を大切にし「魅せる」へと繋げるギリギリの演劇をつくる。フィールドワークに行った記録や対談をアーカイブに残すなど多面的な作品制作も特徴。現在無隣館演出部。

〔スケジュール〕

2018年2月16日(金)〜18日(日
16日金)19:30
17日土)14:30 / 19:30
18日(日)13:00 / 18:00

※受付開始・開場は開演20分前

※各回、当日券を開演20分前より販売予定

※全席自由席

※未就学児童の入場不可

〔予約〕https://www.quartet-online.net/ticket/kawakurameku(当日精算のみ)

〔作・演出〕宮﨑莉々香

〔出演〕南風盛もえ、有吉宣人(青☆組)、佐藤のど

〔舞台監督〕山本悠

〔照明〕緒方稔記(ヨハクノート)

〔音響〕夏アニメーション(Atamihotel Gamepark)

〔制作〕栗山なつみ

〔宣伝美術〕江原未来

〔協力〕無隣館、レトル、青☆組、ヨハクノート、Atamihotel Gamepark

〔主催〕ムニ

〔お問い合わせ〕muni62inum@gmail.com

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery