〔展示〕

2018年8月24日(金)~29日(水)

12:00~20:00(水曜日~17:00) ※木曜日休廊

「よみかた みかたの とらえかた」

尾焼津早織、平瀬ミキ

スペースS

〔展示概要〕

この度は、情報科学芸術大学院大学(IAMAS)メディア表現研究科修士2年の2人による展示「よみかた みかたの とらえかた」を開催いたします。
2人は共通した映像という表現形式を用い、異なるそれぞれの分野へのアプローチを試みている作家です。
尾焼津早織はマンガを読む視線移動に着目し、独自のコマ割りとカメラワークを組み合わせた映像作品を、平瀬ミキは対向する2つのカメラからの映像を重ね合わせることで視点と位置の関係性を考える彫刻作品を制作しています。
作品制作を通し、現代におけるメディアとコンテンツの関係が各々の分野にもたらしている影響と可能性を探っています。
この機会にぜひご高覧下さい。


〔プロフィール〕

●尾焼津 早織
1995年生まれ。
2017 相模女子大学学芸学部生活デザイン学科卒業。
大学院では、マンガに動きや音を加えたモーションコミックについて研究している。
〔主な展示〕
2017 「インターリンク:学生映像作品展[ISMIE]2017」(愛知芸術文化センター / 愛知)
2018 「HDII 映像展」(IAMAS OPEN HOUSE 2018 / 岐阜)


●平瀬 ミキ
1993年生まれ。
2017 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業。
デジタルデバイス上での見る行為に物質を与える試みの制作から、現在は映像を素材とした彫刻作品を研究している。
〔主な展示〕
2017 「シブヤスタイルvol.11」(西武渋谷店 / 東京)
2018 「第一回ぎふ美術展」彫刻部門奨励賞(岐阜県立美術館 / 岐阜)

〔WEB-site〕http://mikihirase.x0.com/

201808yomikata03.jpg
201808yomikata01.jpg
201808yomikata02.jpg

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery