〔演劇〕

2018年9月22日(土)〜30日(日)

新作2本立てロングラン公演「人間動物園」/「クローゼット」

perrot

〔チケット料金〕

一般:¥2500-

U-25:¥2300-

2演目セット券:¥4000-(両演目を1度ずつご覧いただけます)

高校生以下:¥500-

リピーター:¥1000-

前半割引:各チケット料金より¥300-引き

スペースO


〔概要〕

「人間動物園」は”馬鹿と平成”をテーマに、桃太郎・御伽草子とマクベスの二重奏でお送りする寓話劇です。

perrotの目指す虚構的な演劇様式と劇世界を更新する意欲作です。

俳優の身体のみで立ち上げる嘘八百のお伽噺をお楽しみください。

「クローゼット」は”同性愛と忘却”をテーマに、「わたし」の3億秒間の恋と忘却をめぐる秋の江ノ島を舞台にしたロードムービー演劇です。

perrotがこれまで培ってきたセンチメンタル過剰な物語性を凝縮した作品です。

苦い記憶と甘い語りによる日常のなかの非日常をお楽しみください。

 

●「人間動物園」あらすじ

むかーしむかし、あるところにお伽噺の国がありました。

鬼退治を終えた桃太郎は総理大臣として国を治めていました。

ある日、家来の猿子と犬吉が結婚をするかどうかで大喧嘩をしていると、川から大きなバナナがどんぶらこどんぶらこと流れてきました。

バナナの中から生まれたバナ太郎は犬吉に「あなたは東京都知事、さらには総理大臣になるでしょう」と予言を授けます。

猿子は犬吉を総理大臣にするため、結婚式場で配られたカレーに毒物を混入させ桃太郎を暗殺してしまいます。

ですが、この決断が桃色だったお伽噺の国を狂わせていくのでした...。

●「クローゼット」あらすじ

一目惚れした「彼」は女の子。
8億8400万とんで2800秒
1500万とんで6880分
24万5500時間
1万230日
生まれてこのかた28年。
しんどいくらいに呼吸をしている。
これからするのはだいたい3億秒くらいまえのはなし。

 

〔作 / 演出〕

いわもとよしゆき(perrot)

〔スケジュール〕

2018年9月22日(土)〜30日(日)

9月22日(土)20:00(人

9月23日(日)15:00(人☆ / 20:00(ク

9月24日(月)15:00(ク

9月25日(火)15:00(人 / 20:00(ク

9月26日(水)15:00(ク / 20:00(人

9月27日(木)20:00(人

9月28日(金)15:00(人 / 20:00(ク

9月29日(土)15:00(ク / 20:00(人

9月30日(日)15:00(ク

・(人=「人間動物園」上演回
・(ク=「クローゼット」上演回

・☆=前半割引適用回(U-25、一般のみ)

 

本公演の上演時間は60分程度を予定しております。
受付開始、開場は開演の30分前。

 

〔チケット予約〕

https://www.quartet-online.net/ticket/double-bill_perrot

〔キャスト〕

「人間動物園」

浜田渉

廣瀬樹紅(perrot、チュム)

河口泰子

桑田佳澄

「クローゼット」

大矢紗瑛

ばばゆりな

冨尾光里

宮内希奈香

〔スタッフ〕

演出助手 / 木所真帆、谷川清夏、生駒元輝

宣伝美術 / 永良凌

制作 / つくにうらら(カミグセ、水中めがね∞)

企画・製作 / perrot

協力 / カミグセ、水中めがね∞、新宿眼科画廊

 

〔お問い合わせ先〕

●mail perrot.sfc@gmail.com

●tel 080-5093-2725(制作:つくに)

●WEB http://perrot.jp/

●Twitter @perrot_sfc

201809perrot01.jpg
201809perrot02.jpg

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery