〔演劇〕

2018年10月19日(金)〜22日(月)

第5回公演「この戯曲を演じる者に永遠の呪いあれ」

平泳ぎ本店

一般:¥3300- ※その他割引など下記詳細あり

スペース地下


〔概要〕

「三冠受賞タッグ 武重守彦(めがね堂)×平泳ぎ本店 再び」
去る2018年1月、平泳ぎ本店は公募された60本以上の作品の中から選ばれた

「机上の空論」(作・武重守彦氏)を上演する”戯曲選抜チーム”として

第3回神奈川かもめ短編演劇祭に参加し、

戯曲賞・観客賞・かもめ賞(最高賞)の三冠を受賞。
本公演では、その三冠に輝いた「机上の空論」の作者、武重守彦氏(めがね堂)と

再びタッグを組み、書き下ろしの新作を上演。
平泳ぎ本店と武重氏が、劇作家 / 俳優という互いの領分での仕事をさらに深化させ、

「言葉の芸術たる演劇でしかできないことを」さらにストイックに追い求める挑戦作。

〔あらすじ〕
秋雨の降る深夜のサークル棟。

靴音が響き、学生劇団の部室兼倉庫に明かりが灯る。
懐かしい部室に忍び込んだのは、後輩の公演をきっかけに集まったOBたち。

彼らは始発電車が動きだすまでの数時間を、近況や思い出を語りあって過ごすのだった。
「また会おう」
空が白みはじめたころ、彼らは再会を約束して家路についた ― はずだった。
消えた公演DVD。濡れたダンボール箱。サークル棟をさまよう影。
そしてまた、今夜も部室兼倉庫に明かりが灯る。雨はまだやまない。

〔スケジュール〕

2018年10月19日(金)~22日(月)

19日金)19:30
20日(土)14:00 / 18:30☆ 
21日日)14:00 / 18:30☆
22日月)15:00 / 19:30 
受付開始は開演の45分前、開場は30分前を予定

☆…アフタートーク
・20日(土)稲葉賀恵(演出家 / 文学座)
・21日日)中野敦之(劇団唐ゼミ☆代表 / 演出家 / 神奈川芸術劇場館長室)

上演時間 約90分を予定(休憩なし、変更の可能性あり)

〔出演〕
小川哲也

越塚学(文学座)

鈴木大倫

丸山雄也

〔スタッフ〕
舞台監督、照明:浅見拓(劇団てんしん)

音響:丸田裕也

宣伝美術:Ribitt's works

主催、企画製作:平泳ぎ本店

〔チケット代金〕

●カルテットオンライン(当日精算のみ)
一般:¥3300-
ペア:¥6000-
ユース(26歳以下):¥2000-(要証明書)
高校生以下:¥1000-(要学生証)
●演劇パス(要事前決済)

一般:¥2700-

●当日券
一般:¥3500-
ユース(26歳以下):¥2500-(要証明書)
高校生以下:¥1000-(要学生証)
●カルチベートチケット:¥2000-(公演当日、劇場受付のみでの取扱)

〔チケット予約〕
●当日精算でのご予約(カルテットオンライン)

https://www.quartet-online.net/ticket/hiraoyogihonten5th
●クレジット決済でのご予約(演劇パス)

https://engeki.jp/pass/events/detail/472

※2018年 9月8日(土)12:00~予約受付開始 、受付締め切りは各公演当日0:00まで

〔お問い合わせ〕
●TEL 090-4099-2941
●Mail hiraoyogihonten@gmail.com
●WEB-site http://hiraoyogihonten.com
●Twitter @hiraoyogihonten

201810hiraoyogihonten01.jpg
201810hiraoyogihonten02.jpg

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery