〔展示〕

2019年1月18日(金)~30日(水)

12:00~20:00(水曜日~17:00) ※木曜日休廊

金子山のワイワイ展示2019!

「今日の箱」/「今日のクマ」

スペースM

「今日のクマ」

剥がした写真がもったいないので、クマに貼りまくって写真のクマを作ります。

「今日の箱」

毎日写真を撮って毎日「今日」というブログに写真をUPしています。
http://kanekoyama.com/diary
たまにサボるけど。
今まで貼りまくりシリーズと題して路上の壁や、ライブハウスの壁、居酒屋の壁、去年はひとんちの部屋に写真を張りまくる展示をしてきました。

貼りまくるシリーズ42才にして初のギャラリーでの展示になります。
今日の写真を眼科画廊に貼りまくり写真の箱を作ります。
きっと画廊史上最大枚数の展示になると思います。

写真の箱を作って最後壊します。
作るところから壊れるところまで是非見に来て下さい。

よろしくお願い致します。

〔イベント〕

● 27日15時~ / 展示作品にライブペインティング
小穴琴恵、沖真秀、つちもちしんじ 、テンテンコ

● 27日19時~ / スライドイベント 「平野勝之と阿部隆大と金子山の熱血写真塾!」
入場料無料

●1月28日 / トークイベント「福島と写真の事」 

19時より受付開始 / 先着30名 / 19時半スタート(45分程度の予定)
入場料無料

ゲストの釣崎清隆さんは福島原発の作業員を経験。 岩根愛さんは盆唄を追って福島とハワイを撮影。 私は幼少期福島市に7年間住んでました。 と言う三者三様の福島繋がりでトークイベントを開催致します。
https://kanekoyama.com/archives/67588

●ゲストプロフィール

ライブペインティングゲスト(27日)

画家

1990 埼玉県生まれ

2012 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業

東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻入学 2014 Ecole Superieure des Beaux-arts Nantes(ナント美術大学、フランス)交換留学

2015 東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻修了

〔個展〕

2015 「無関心の梱包」(nada art gallery / 東京 )

2015 「絵の瞬間」(表参道画廊 MUSEE F / 東京

2015 「Coffee & Art vol.05 featuring 小穴琴恵」水戸芸術館企画 (水戸市内のカフェ5店舗 / 茨城 )

2016 「グレー オブ グレー」(表参道画廊 MUSEE F / 東京)

2018 「next」(表参道画廊 MUSEE F / 東京)   2018 「本日の点と線」(RISE GALLERY / 東京)

2018 「記録・身体・紙の仕事」(RISE GALLERY / 東京)

〔賞歴〕

2016 FACE損保ジャパン日本興亜美術賞展審査員特別賞受賞

小穴琴恵(オアナコタエ)

ライブペインティングゲスト(27日)

イラストレーター

東京都在住

奈良県出身
http://mashuoki.blogspot.com/

沖真秀(オキマシュウ)

ライブペインティングゲスト(27日)

漫画イラストレーター

東京生まれ。

2016年に「東京下町百景(シカク出版)」を刊行後、翌年にはスペイン語版を出版。最近はフランスでのポスター制作など国内外で活動している。

現在、WEBサイト「とばなれ(http://tobanare.com)」にて、「WEST TOKYO仕事図鑑」連載中。

つちもちしんじ

ライブペインティングゲスト(27日)

1990年8月27日生まれ。北海道出身。身長142cm。 2013年BiSに加入し、2014年の解散とともにフリーランスとして活動を始める。

「90年代からの日本の”インディー霊"を全て背負っているといっても過言ではない、ヴァリエーションに富んだアヴァンギャルド表現者」と人は彼女を評し、オーバーグランドとアンダーグランドを自由に行き来し、朝から真夜中まで型にはまらない聖域なき活動を行っている。

http://tentenko.com/

テンテンコ(TENTENKO)

トークゲスト(28日)

昭和41年富山県生まれ。写真家・映画監督・文筆家。慶應義塾大学文学部卒。学生時代から映画制作、文筆活動に従事し、AV監督を経て平成6年からは写真家としても活動開始。ヒトの死体を被写体にタイ、コロンビア、ロシア、メキシコ、パレスチナ等世界中の無法地帯、紛争地域を渡り歩き、これまでに撮影した死体は 1000体以上。著作に「死体に目が眩んで」、「死者の書」、「エメラルド王」等。写真集に「REVELATIONS」、「REQUIEM DE LA RUE MORGUE」、「DEATH」等、映画監督作品に「死化粧師オロスコ」、「ジャンクフィルム」、「ウェイストランド」等がある。世界でもっとも死の現場に立ち会っているアーティストである。

https://twitter.com/tsurisaki

釣崎清隆(つりさききよたか)

トークゲスト(28日)

東京都出身。1991年単身渡米、ペトロリアハイスクールに留学。オフグリッド、自給自足の暮らしの中で学ぶ。帰国後、アシスタントを経て1996年に独立。雑誌媒体、音楽関連等の仕事をしながら、フィリピンのモンテンルパ刑務所(2010)、ロシアのニクーリンサーカス(2011)、台湾の三峡台北榮民之家(2012)など、世界の特殊なコミュニティでの取材に取り組む。2006年以降、ハワイにおける日系文化に注視し、2013年より福島県三春町にも拠点を構え、移民を通じたハワイと福島の関連をテーマに制作を続ける。2018年、初の作品集「KIPUKA」(青幻舎)を上梓。 

http://www.mojowork.com/

岩根愛(いわねあい)

​〔作家プロフィール〕

kanekoyama.jpg

1976年千葉県生まれ。写真家.。


〔作品集〕

「MY BEST FRIENDS どついたるねん写真集」(共著:スペースシャワーネットワーク)
「変態少女 大森靖子写真集」(スペースシャワーネットワーク)
「喰寝 くっちゃね」

「バイバイ。ありがとう」

「WWB2015、2016、2017」(準備室)

〔Twitter〕@kanekoyama

〔WEB-site〕http://kanekoyama.com/

〔MAIL〕kanekoyama@gmail.com

金子山 / KANEKOYMA

201901kanekoyama01.jpg
201901kanekoyama02.jpg

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery