〔展示〕

2019年1月5日(土)~16日(水)

12:00~20:00(水曜日~17:00) ※木曜日休廊

​レセプション:6日(日)17:00~20:00

「時間を止めてください」

門眞妙

スペースE

〔概要〕
この度、門眞妙による個展「時間を止めてください」を開催します。
近年門眞は“物事ができていく過程の開示”に興味を持っています。
2017年に参加した「仮留めの地 / ニュー・フラット・フィールド」展(於デジタルハリ
ウッド大学八王子スタジオ)では、下図やラフ画の描かれたスケッチブック、輪郭線を描き込む前の色面のみで構成されたキャンバス作品を組み合わせ展示をしました。

また、同年開催した自主企画展「あなたと海のあいま、通り過ぎてゆくすべて」(於塩竈市杉村惇美術館)の発足から閉会までを描いたドキュメンタリー漫画「あなたと海のあいま、通り過ぎてゆくすべてができるまで」(2018年)を発行しました。
アートに限らず物事ができていく過程の中に見える思索の痕跡からは、直接的ではなくとも“生きるすべ”のようなものを得られるのではないかという考えのもと、今回はより積極的に“過程”を開示していきます。

 

〔テキスト〕
私の(とは言ってもオリジナルではないが)制作方法は、まず色面を塗ってゆき、その次にキャラクターや背景となる場所や建物の輪郭線を引き、さらに描き込みを進め完成へと至る。
にごりのないあわい色面のみから成る彼女たちは画中の世界と分かちがたく溶け合い、幸福な時間を過ごす。
そこへ、線を入れる。

突如生まれた境界線とのコントラストは画面の調和を崩し、一気に退色させ、彼女たちは分断を知る。

こうして彼女たちはやむなく、いや、覚悟を持ってか、世界の色彩を取り戻すために、自らの足でそこに立つ。
制作の過程は私の、そして彼女たちの儀式でもあり、旅でもある。
作品が完成するまで間近で見ているのはまぎれもなく作家自身だ。
濃密な蜜月の中低速で進む作業と思考の連続。

幾度も私は彼女と出会う。

〔プロフィール〕

門眞妙 / MONMA Tae

少女のキャラクターを用いた絵画表現を中心に活動する。
「感情」「時間」「一瞬」の集積と、この世界との和解を描く。

1985 宮城県仙台市生まれ

2009 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業​


〔個展〕

2016 「かみさまのかたち」(新宿眼科画廊 / 東京)

2013 「美しいending」(新宿眼科画廊 / 東京)

2010 「ドラマ」(新宿眼科画廊 / 東京)

2009 「だけど、忘れられる」(新宿眼科画廊 / 東京)​

〔主なグループ展等〕

2018 めがねと旅する美術展(青森県立美術館/青森、島根県立石見美術館/島根、静岡県立美術館/静岡)

2018 「本当に思い出せなくなる前に」(書本&cafe magellan / 宮城)
2017 「ニュー・フラット・フィールド/仮留めの地」(デジタルハリウッド大学八王子制作スタジオ / 東京)
2017 「あなたと海のあいま、通り過ぎてゆくすべて」(塩竈市杉村惇美術館市民ギャラリー / 宮城)

2015 「わたしが彼女を見た瞬間、彼女はわたしを見た」(新宿眼科画廊 / 東京)

2014 「何も考えないまま10年経ってた・・・」(新宿眼科画廊 / 東京)

2013 「トランスエフュージョン02+ドローイング展」(新宿眼科画廊 / 東京)

2012 「世界中の誰よりもきっとアイドル」展(新宿眼科画廊 / 東京)
2012 「トランスエフュージョン」(新宿眼科画廊 / 東京)

2011 「floating view 2 トポフィリア・アップデート」(新宿眼科画廊 / 東京)

2010 「Mr.のChildren2」(青井画廊 / 大阪)
         「Mr.のChildren」(HidariZingaro / 東京)
         「カオス*ラウンジvol.2」(moarag garage / 東京)

〔アートフェア〕

2015 「young art taipei」深川番所ブースより出展(Sheraton Grande Taipei / 台北)

2014 「3331 ART FAIR - Various Collectors' Prizes -」ゼラチンコンテンポラリー/新宿眼科画廊ブースより出展(3331 Arts Chiyoda / 東京)

2011 エマージング・ディレクターズ・アートフェア「ULTRA004」たなかちえこ:ゼラチンコンテンポラリー / 新宿眼科画廊ブースより出展(スパイラルホール / 東京)

〔web-site〕
http://www.gel-con.jp/artist_monmatae.html

201901monmatae.jpg

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery