〔展示〕

2019年11月1日(金)~6日(水)

12:00~20:00(水曜日~17:00) ※木曜日休廊

「日常とフィクション」

斉木駿介

スペースM

 

 

〔展示概要〕

日常にある物を描いています。

どこにでもあるもの。

特別ではないもの。

現実にありふれているもの。

ネット上にありふれているもの。

そんな日常の表層を絵によって記録する。

まるで永遠に続くもののように錯覚させてしまう日常と生活。

 

しかしそんな毎日を一変させてしまった東日本大震災、熊本地震。

そしていつ来るとも知れない南海トラフ地震、関東地震。

緊張感を増す国際情勢。

京都アニメーションへの放火事件。

 

日常と突如介入してくる非日常。

暴力的に鳴りだしたiphoneの防災アラームによって強固に思えた日常は脆く簡単に形を変える。

当たり前だけど永遠なんてものは存在しない。

表と裏は一瞬にして裏返る。

しかし当事者ではない自分はわかっているつもりでもどこかリアリティが持てない。

すべて自分の日常と地続きにある事なのに。

そんないつ終わるかわからない平凡な1日を今日も何となく生きる。

 

 

〔プロフィール〕

1987 福岡県生まれ

2010 九州産業大学芸術学部美術学科卒業

2012 九州産業大学大学院博士前期課程芸術研究科美術専攻修了

〔個展〕

2019 「日常とディストピア」(KANZE ARTS / 福岡)

2019 「14th TAGBOAT AWARD」入選(世田谷ものづくり学校 / 東京)

2019 「羅針盤セレクション展」(アートスペース羅針盤 / 東京)

2013 「友達100人できるかな?」(KANZE ARTS / 福岡)

2012 「more more more」(ギャラリーおいし / 福岡)

 

〔グループ展〕

2016 「この野草のひと束」(アートスペース羅針盤 / 東京)

2016 「山本冬彦推薦作家によるCDジャケットアート展」(Gallery ARK / 神奈川)

2016 「新世代アートフロンティア」(アジア美術館 / 福岡)

2016 「集う 遠景-近景」(ギャラリーおいし / 福岡)

2015 「FACE 味藤渚 / 斉木駿介 / ユ・キョンジン」(アートスペース羅針盤 / 東京)

2014 「International Fine Arts Exhibition」(PARK WEST Gallery / NY)

2013 「内田太郎 斉木駿介 吉井宏平 crossing 」(アートスペース羅針盤 / 東京)

2013 「GEISAI#18」(東京都立産業貿易センター台東館 / 東京)

2013 「KANZE ARTS opening exhibition」(KANZE ARTS / 福岡)

2011 「新しい眼」(国立新美術館 / 東京)

2017 「第7回Next Art展」入選(朝日新聞東京本社 / 東京)(松屋銀座 / 東京)

2017 「ART FAIR ASIA FUKUOKA2017 AFAF AWARDS 2017」(ホテルオークラ福岡 / 福岡)

2018 「ワンダーシード2018」入選(トーキョーワンダーサイト本郷 / 東京)

2018 「ART FAIR ASIA FUKUOKA2018 AFAF AWARDS 2018」(ホテルオークラ福岡 / 福岡)

〔賞歴〕

2010「九州産業大学卒業制作展」 優秀賞(買上賞)

 

〔WEB-site〕

shunsukesaiki.tumblr.com

 

〔Twitter〕

@shunsuke_saiki

201911saikishunsuke.jpg

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery