〔展示〕

2019年12月13日(金)~25日(水)

12:00~20:00(水曜日~17:00) ※木曜日休廊

「フィジカルボディ・コンプレックス」

藤城嘘、ハムスターの息子に産まれて良かった、

都築拓磨、髙木ちゃー、杉本憲相、飯島モトハル

スペースO

〔概要〕

藤城嘘、ハムスターの息子に産まれて良かった、都築拓磨、髙木ちゃー、杉本憲相、飯島モトハル、ら6名によるグループ展「フィジカルボディ・コンプレックス」  が、東京・新宿の新宿眼科画廊スペースOにて開催される。

 

 本展では肉体を持たないバーチャルキャラクターと肉体を持つ人間との関係性を問い直します。バーチャルキャラクターは日本で独自の発展を遂げたコンテンツとして国外では認知されています。バーチャルキャラクターの隆盛、それはロラン・バルトが述べたような西洋的な「意味の帝国」とは異なる、正に「表徴の帝国」日本を表すような状況ではないでしょうか。

 

 中身が壮年男性であることを全員が了解していながら美少女として扱う様は歌舞伎役者の女形のようでもあり、まさに表徴的でありましょう。しかし、役割を演じるながらも「自己」を持つ彼(女)らは魂を持ってしまったが故に直面する複数の問題があります。死なないと思われていたキャラクターの死。バックについている会社都合で交代させられる「魂」。犯さないと思われていたのスキャンダル発覚。

 

 それでもなお人類とは違うベクトルで進化し続ける彼らと肉体を持つ我々はどのように影響を及ぼしあうのか。バーチャルキャラクターと人間の関係性を問い直します。

〔プロフィール〕

1990 東京都生まれ

2015 日本大学芸術学部美術学科絵画コース卒業

2008 主にウェブ上で作品を発表するアーティスト「ポストポッパーズ」を主宰

2009 「カオス*ラウンジ」を結成

〔主な個展〕

2010 「モストポダン」(青山 ビリケンギャラリー / 東京)

2013 「芸術係数プレゼンツ藤城嘘個展『キャラクトロニカ』」(EARTH+GALLERY / 東京)

2013 「a white lie」(Hidari Zingaro / 東京)

2017 「ダストポップ」(ゲンロン カオス*ラウンジ 五反田アトリエ / 東京)

2018 「αM2018『絵と、 』vol.2 藤城嘘」(ギャラリーαM / 東京)など

〔 カオス*ラウンジとして主な展示〕

2014 「キャラクラッシュ!」(東京都文京区湯島)「瀬戸内国際芸術祭2016」(香川県高松市女木島)2015~2017 「カオス*ラウンジ新芸術祭」(福島県いわき市)

「Reborn Art Festival2017」(宮城県石巻市)など多数

藤城嘘 / FUJISHIRO Uso

〔プロフィール〕

1998年生まれ 大阪在住 


​〔展示歴〕

2016 「未経験」(e.f.t / 大阪)  

2017 「闘わないなら寝てろ」(e.f.t / 大阪)

2017 「TRIP」(新宿眼科画廊 / 東京)

2018 「芸術ヤンキー」(e.f.t / 大阪)

2018 「飯島モトハルv.s.藤城嘘 企画展『無礼らか?』」(TATARABA / 東京)

2018 「現代美術ヤミ市」(BUCKLE KÔBÔ / 東京)

2018 「ポートフォリオ展」(新宿眼科画廊 / 東京)

2019 「新感覚ストア」(e.f.t / 大阪)

2019 「kitchen」(ART Space ZERO-POINT / 東京)

2019 「浮遊する変体 vol.2coexitence」(KAGAN HOTEL / 京都)

ハムスターの息子に産まれて良かった/ hamsterno

musukoniumareteyokatta

〔プロフィール〕

1991 愛知県生まれ

2016 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業

〔グループ展〕

2018 「絵画・運動(ラフ次元)」(四谷未確認スタジオ / 東京)

2018 「カオス*ラウンジ 破滅*アフター)」(六本木ヒルズA/Dギャラリー / 東京)

2018 「天使市」(渋谷OZgallery202 / 東京)

2018 「ソラリスの酒場」( the Cave/Bar333 / 横浜)

2017 「LANDSCAPE:detour for White Base」(バンビナートギャラリー / 東京)

2017 「カオス*ラウンジ9 Vaper地獄」(ビリケンギャラリー / 東京)

2017 「ホワイトベース2」(東京藝術大学絵画棟702 / 東京)

2017 「新しい孤独 new lonliness」(コ本や / 東京)

〔Twitter〕@TSUCKYWORLD

都築拓磨 / TSUZUKI Takuma

〔プロフィール〕
1997 福島生まれ

2015 福島高校

〔展示歴〕

2018 「Transe」(White Space Omotesando / 東京)

2019 「Tokyo Independent 2019」(東京藝術大学 / 東京)

2019 「BHVR」(BLOCK HOUSE / 東京)

髙木ちゃー / TAKAGI Char  

〔プロフィール〕

1991 三重県生まれ

東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修士課程修了

キャンバスから瓦礫まで様々なマテリアルに絵を描いている

〔主な個展〕

2018 「何十年も前に死んだ。」(中央本線画廊 / 東京)

 

〔主なグループ展〕

2018「わたしはお皿に落書きをしません。」(ゲンロン カオス*ラウンジ五反田アトリエ / 東京)

2019 二人展「3×3」(関内文庫 / 神奈川)

2018 「アフター10.12」(Audio Visual Pavilion / 韓国)など

杉本憲相 / SUGIMOTO Kensuke

東京都目黒区出身。

米国カリフォルニアにて写真を学ぶ。

アンセル・アダムスの孫弟子。

現代美術の収集家、スイーツコラムニストでもある。

 

〔展覧会歴〕

2017 「コレクション展「綺麗なドレス」」(TAV gallery / 東京)

2017 「デカい牛のデカい内臓」(新宿眼科画廊 / 東京)

2018 「飯島モトハルv.s.藤城嘘 企画展『無礼らか?』」(TATARABA / 東京)

2019 「富士山展 STAY/NIGHT」(rusu / 東京)

2019 「ぬいぐるむ!」(新宿眼科画廊 / 東京)

2019 「画廊新聞-平成-展」(新宿眼科画廊 / 東京)

2019 「kitchen」(ART space ZERO-POINT / 東京)

2019 「ぬいぐるむ!Refrain」(青山スパイラル / 東京)

2019「BHVR」(block house 及び VR空間 / 東京)

飯島モトハル / IIJIMA Motoharu

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery