〔演劇〕

2020年1月17日(金)〜18日(土)

「朝に死す」

中林翔平佛淵和哉企画

前売:¥3,000- / 当日:¥3,300-

スペースO



〔あらすじ〕
コンクリートの壁の前。
夜、ほのかな光の中。
1人の若い男が、若い女を背負って逃げ込んで来る。
男は仲間を裏切り追われている最中、男を狙った銃弾が飛び込んで来た女の左足に当たったことにより、出会った。
それまで顔も知らなかった2人は、少しずつお互いの孤独をぶつけ合う様に話し出す。
男と女、本音と建前、孤独と不安、生と死。
人間の美しさと脆さを描いた清水邦夫の究極の2人芝居。

〔概要〕

俳優の中林翔平と佛淵和哉が立ち上げた企画舞台。
女役に舞台【月刊根本宗子15号『紛れもなく、私が真ん中の日』出演】や映画【岡本雄作監督『Last Lover』主演】など、様々なジャンルで活躍する女優・優美早紀を迎え、清水邦夫の名作戯曲『朝に死す』を上演致します。

〔スケジュール〕

2020年1月17日(金)〜18日(土)
17日金)19:30
18日(土)13:00 / 16:00 / 20:00

●上演時間約45分

〔チケット予約〕

御名前、日にち、枚数を御記入の上、下記メールアドレスにお送り下さい。

info.domsticket@gmail.com
 

〔出演〕

中林翔平
優美早紀

 

〔演出〕

​〔演出、音響、照明〕佛淵和哉
〔演出助手〕桑田佳澄
〔照明操作〕若梅純希
〔制作〕中林翔平、佛淵和哉
〔協力〕森耕作、柿崎智己、カクイ


〔Twitter〕

@axelnor


〔Mail〕

kazuya.axelnor@gmail.com

202001nakabayashihotokefuchi01.jpg
202001nakabayashihotokefuchi02.jpg

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery