〔展示〕

2020年7月10日(金)~22日(水)

12:00~18:00(水曜日~17:00) ※日曜、木曜休廊

「バースト・ジェネレーション:死とSEX」展

“BURST Generation : Death and SEX” exhibition  

ろくでなし子、根本敬、釣崎清隆 、ピスケン 、ブライアン佐藤、

西牧徹、PONO♡FEKO 、ケロッピー前田

スペースM、S、E

​※関連イベント→https://www.loft-prj.co.jp/schedule/rockcafe/148571

〔概要〕

コロナ禍にある2020年、伝説の雑誌『BURST』の血統を継ぐ『バースト・ジェネレーション』(東京キララ社)が、時代を疾走してきた表現者たちに“新たな戦場”を提供する!

今回はゲストアーティストに「まんこアート」の巨匠・ろくでなし子を迎え、鬼畜悪趣味カルチャーの先駆者・根本敬、グロテスク表現を極める死体写真家・釣崎清隆、BURST創刊編集長&作家・ピスケン、褐色のエロス画家・ブライアン佐藤、淫魔の鉛筆画家・西牧徹、陰部神社を祀るPONO♡FEKO、究極のカウンターカルチャー・身体改造を追うケロッピー前田が集う。

タイトルとした「死とSEX」は、オーストラリア・タスマニアにある「死とSEXのミュージアム」の異名をとる美術館MONAにあやかった。MONAは、古代美術と現代アートに特化したコレクションを通じ、人間の最も原初的なアートの衝動は「死とSEX」の表現にあると教えてくれる。また、「死とSEX」展は「死と未来」展(ヴァニラ画廊、2013年)の続編にあたり、「Nach Fukushima(アフターフクシマ)」展(HfG Offenbach, Frankfurt Germany 2018)に次ぐ、ケロッピー前田キュレーションによる展示となる。ご期待ください!

 
 

『バースト・ジェネレーション』(東京キララ社)

http://tokyokirara.com/information/2112/

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery