〔展示〕

2020年7月24日(金)~29日(水)

12:00~20:00(水曜日~17:00) ※木曜日休廊

「未日常」

高橋宙照、nierika、湯田冴

スペースO

〔概要〕

本展は3人のアーティストによる、映像、写真、立体作品などの展示です。

日常という言葉が定義する日々は、コロナの影響下で様々な意味合いを帯びるようになってきました。そもそもパンデミックに限らず、異常気象や、震災などの非常事態と常に隣り合わせで生きている私たちにとって、日常はどこにある、もしくはあったのか。そもそも「日常」というものは存在し得ないユートピアのような概念なのかもしれません。

私たちの生活に身近なモチーフから、日常未満としての「未日常」という概念について、3人がそれぞれの表現方法や解釈により考察します。

〔プロフィール〕

●高橋宙照(たかはしひろあき)

1998年東京生まれ

東京藝術大学先端芸術表現科在籍

立体作品を主に、物の生死をテーマとした作品を制作する。

 

●nierika(にえりか)

イラストや漫画などの制作をメインに活動中。

Twitter:@NI_E_RI_KA

 

●湯田冴(ゆださえ)

1998年東京生まれ

東京藝術大学先端芸術表現科在籍

コンストラクテッドフォトを中心とした制作活動を行う。

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery