〔展示〕

2020年10月9日(金)~21日(水)

12:00~20:00(水曜日~17:00) ※木曜日休廊

「Neighboring garden」

相沢僚一、宏美

スペースM


〔展示概要〕

部屋の隣には庭が隣接している
窓を開ければ植物に手が届く
そういった状態は少なからず植物が生活の支障をきたして来ることがある
伸び過ぎれば、陽射しをさえぎり、
落ち葉が積もれば窓を遮る

私たちが普段、考えず育て、切り、食べているものは私たちと同じように生活をしている。

相沢僚一の作品には植物そのものが使われる。キャラクターが描かれた植物は、キャラクターと共に生き、枯れていく。
その様はキャラクターに生死が宿ったようである。

一方、宏美作品ではキャラクターと植物が一体となったように描かれる。
植物はキャラクターと同じように画面の向こうに存在し、鑑賞される。

展示タイトル「Neighboring garden」は「隣の庭」という意味です。
展示を企画した宏美が、自分の部屋の隣に庭があり、植物を意識せずには生活出来なかった事が展示構成の一つとなっています。
 

 


〔プロフィール〕
●相沢僚一 AIZAWA Ryoichi

2015年 多摩美術大学 美術学部 絵画学科 油画専攻 卒業
美術作家。「美術をはじめとしたすべてのモノは恒久的ではない」という考えを基に、植物や使われた消耗品といった脆弱な支持体を使った絵画などを制作、発表している。
最近Fall guys を始めた。

〔個展〕
2020 「ゲームしかしてない」(仮面屋おもて / 東京 )
2019 「MILD EXTINCTION」(新宿眼科画廊 / 東京 )

​〔グループ展〕
2018 「四月の人魚」(ゲンロン カオス*ラウンジ 五反田アトリエ / 東京 )
2017 「逆襲のくちくち 復讐のめろえる」(Pocke / 東京 )
2017 「SAIKO ART FESTIVAL '17」(西湖 / 山梨)

​〔企画〕
2016 「BARRACKOUT」(旧松田邸 / 東京)

​〔Twitter〕

@DEINUSHIOSU


〔WEB-site〕

https://wanko-united.wixsite.com/wanko-united

●宏美 HIROMI

1989年 岡山県生まれ
2014年 倉敷芸術科学大学 芸術学部 卒業。
同年、カオス*ラウンジが主催するポストスーパーフラット・アートスクールに参加。
地方と都心でのアートに違いに違和感を持ち、東京と地元岡山の両方で展示を試みる。

 

〔展示歴〕

2015「アイドルの終わりのための手紙をめぐる物語」(友人の自室 / 東京)

2015「アイドルの夜」(DSKE/okumura / 東京)

2016「友達展」(DSKE/okumura / 東京)

2017 個展「岡山→東京」(新宿眼科画廊 / 東京)

2018「interface」(新宿眼科画廊 / 東京)

2018 個展「東京→岡山」(of / 岡山)

2018「ポートフォリオ展」(新宿眼科画廊 / 東京)

2018 グループ展「カオスラウンジ*ポタテックドリーム」(中央本線画廊 / 東京)

〔Twitter〕

​@h_hayakashi

〔Instagram〕

@h_mitsuhata/

〔WEB-site〕

https://h-hiromi-me.tumblr.com/

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery