〔展示〕

2020年10月23日(金)~28日(水)

12:00~20:00(水曜日~17:00) ※木曜日休廊

「欠けた風景、こぼれ落ちた肉」

山下奏子

スペースE


〔展示概要〕
熊本地震をきっかけに、主に震災をテーマに作品制作を行う。崩れた風景の中に少女が立ち上がるようなイメージを描く。震災後四角で整理されたキャンバスに絵を描くことに違和感を覚え、キャンバス以外の媒体にイメージを描いていたが、最近は一辺が欠けたキャンバスに絵を描いている。

本展示は、建物と瓦礫の関係、風景と身体の繋がりを探った作品を展示します。

〔プロフィール〕
山下奏子(やましたかなこ)
1996 熊本県出身
2019年 沖縄県立芸術大学絵画専攻卒業

〔活動歴〕
2017 個展「宿し」
2018 BARRAK アンデパンダン展〜生き抜くために創るのだ〜 参加
2019 BARRAK ART BOOK FAIR2019 参加

〔Twitter〕
@kanabouita
 

c 2004- 新宿眼科画廊   /(株)GelatinContemporary

Shinjuku Ophthalmologist(GANKA) Gallery