2012/04/13-15

アトモスフィア

〔上映会〕

〔上映会〕
映画「アトモスフィア」
2012年4月13日(金)~15日(日)
当日:¥1,000- / :予約¥700-
スペース地下


〔概要〕
2010年に「夢ばかり、眠りはない」と「新景カサネガフチ」という2つの
"風景映画"を公開して大きな話題を呼んだ佐々木友輔監督の最新作が上映される。
ホームビデオで撮影されたとある夫婦の日常、夫婦の住む街の歴史について語る講演会の録音音声、
そして流産で娘を失った女の「語り」、
3つの位相の異なる物語が映画の上で出会い、かさなりあう。
新しい「映画」のかたちを求めて辿り着いた、21世紀の家族映画(ホーム・ムービー)。


〔スケジュール〕
13日(金)開場19:30、上映20:00(終了予定:22:00)
14日(土)開場17:30、上映18:00(終了予定:20:00)
15日(日)開場17:30、上映18:00(終了予定:20:00)


〔お問い合わせ〕
http://qspds996.com/

 

「アトモスフィア」
メディア:DV/制作年:2011年/時間:116分
出演:豊永純子、鈴木平人、小林千花、永田希、鈴木晃二
美術:U事企画/音楽:田中文久


〔ストーリー〕
2011年の夏、五宿市の南に位置する新興住宅地ヴィラ・ラクテアに住むある夫婦の物語。
妻は流産で娘を失ってから毎夜、自らの手で子供を殺してしまう悪夢に苦しめられていた。
夢を見ずに過ごすためには、眠らないでいるしかない。
そう考えた彼女は講演会などの文字起こしの内職を始め、
夜な夜なその仕事に没頭するようになる。
夫は、決して自分から眠ろうとしない妻の健康を心配しながらも、
何も代案を示すことができないでいた。
そんなある日、妻のもとに新たな文字起こし用の音声データが届く。
そこには、彼女とまったく同じ悪夢を見るという女の独白が記録されていた――。


予告編(http://www.youtube.com/watch?v=vSrdczmXAHE)


〔作家プロフィール〕
監督:佐々木友輔(ささきゆうすけ)
1985年神戸生まれの映像作家・企画者。高校時代に制作した映画『手紙』で
イメージフォーラムフェスティバル2003の一般公募部門大賞を受賞。
その後は映像表現を中心に、アートプロジェクトや舞台芸術など様々な領域を横断して活動している。
主な上映・展示に、バンクーバー国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭、ロンドン映画祭、
平山郁夫賞受賞顕彰展「デジャメーヴユ既/未視感」、
「夢ばかり、 眠りはない」上映(UPLINKFACTORY)、
個展上映「新景カサネガフチ」(イメージフォーラム・シネマテーク)、
企画展「floatingview」(トーキョーワンダーサイト本郷/新宿眼科画廊)など。

Date
  • 2012/04/13-15

Location
  • スペース地下

Creator
  • SASAKI Yusuke / 佐々木 友輔

〒160-0022
東京都新宿区新宿5-18-11

東京都公安委員会許可第304381007606号 美術品商

03-5285-8822 info@gankagarou.com gankagarou.com ENGLISH