2011/09/11-13

止まらない子供たちが轢かれてゆく

〔演劇〕

2012年9月11日(火)~16日(日)
「止まらない子供たちが轢かれてゆく」
Cui?×お布団
前売券:¥1,500- / 当日券:¥1,800-
スペース地下

 


〔スケジュール〕
9月11日(火)19:30
12日(水)19:30
13日(木)19:30
14日(金)14:00 / 19:30
15日(土)14:00 / 19:30
16日(日)14:00
上演時間約60分
当日券販売、受付開始、開場は開演の30分前になります。
開演の5分前を過ぎるとキャンセル扱いとさせていただく場合がございます。お早めにご来場ください。


〔予約方法〕
●PC・予約フォーム
https://ticket.corich.jp/apply/37626/
●携帯・予約フォーム
http://ticket.corich.jp/apply/37626/
●E-mail
cui99iuc@gmail.com
・観劇日の前日24時までご予約を受付致します。
・メールでのご予約の場合は、件名を「チケット予約」とし、本文に、
「1.お客様の名前(フリガナ) 2.観劇希望日時 3.枚数 4.メールアドレス 5.備考(あれば)」
をご記入のうえ、上記のアドレスまでお送りください。こちらからの返信をもってご予約完了となります。
・ご予約はすべて取り置きチケットになります。チケット料金は当日受付にてお支払いください。

〔キャスト〕
鈴木真之介、戸塚康崇、鍋田怜奈、原田つむぎ、望月駿祐(名前順)

●スタッフ
〔脚本〕綾門優季(Cui?)
〔演出〕得地弘基(お布団)
〔助演出〕高坂風里
〔舞台監督〕野島結
〔照明〕格清雄介(お布団)
〔音響〕櫻内憧海(お布団)
〔舞台写真撮影〕大橋絵莉花
〔舞台撮影〕比留間晴子
〔美術〕辻本直樹(Nichecraft)
〔制作〕鉄炮塚亜希
〔制作補佐〕小杉香穂里

 

●お布団とは
2011年に主宰の得地弘基を中心に日本大学芸術学部演劇学科で結成。
『今』、『そこ』で、『肉体』で上演することを考え、演劇空間を構築する。
様々な物語へアプローチし、新しく捉えなおすことで、単純かつ根源的な感動を生むことを目指す。
http://offton.web.fc2.com/


〔お問い合わせ〕
cui99iuc@gmail.com
08013050345(制作)

Date
  • 2011/09/11-13

Location
  • スペース地下

Company
  • Cui?

  • ofuton / お布団

  • Cui?×ofuton / Cui?×お布団

Cui?

〔プロフィール〕
2011年、綾門優季を主宰として旗揚げ。
専属の俳優を持たない、プロデュース・ユニットとして活動を開始。
2013年、『止まらない子供たちが轢かれてゆく』で第1回せんだい短編戯曲賞大賞を受賞。
2013年より、こまばアゴラ演劇学校・無隣館演出部。
社会に対する強烈な違和感を軸に、周囲の迷惑もはばからず、手厳しい糾弾をひたすら浴びせかける。
知ってはいるけれど口にはしない不幸な真実をあえて口にする空気の読まなさ、登場人物全員が友達になりたくない、好ましくない、けれど身のまわりに必ずいる、歪んだ性格の持ち主であること、戯曲と詩の中間と呼ばれる仰々しい文語的セリフまわしなどが特徴。

〔WEB-site〕
http://d.hatena.ne.jp/ayaayattottotto/

〔Twitter〕
@kireigotonakig1

〔facebook〕
https://www.facebook.com/kireigoto

〔mail〕
cui99iuc@gmail.com

〔tel〕
08036474126(制作)

Cui?×ofuton / Cui?×お布団

〔Cui?(キュイ)×お布団とは〕
どちらも2011年結成。隠せないしこりに鋭利な言葉でメスを入れていくようなCui?の戯曲を、
現前性を重視し、ドラマのダイナミズムで空間を構築してきたお布団が演出する。
双方が絡むことによって生まれる、殺傷能力の高いポップさが特徴。

〒160-0022
東京都新宿区新宿5-18-11

東京都公安委員会許可第304381007606号 美術品商

03-5285-8822 info@gankagarou.com gankagarou.com ENGLISH