2012/11/23-28

File 04:星止

〔展示〕
2012年11月23日(金)~28日(水)
12:00~20:00(最終日~17:00) ※木曜日休廊
「File 04: 星止」

Masashi Furuka

スペースO

 

この度、photographer Masashi Furukaは、
現代日本における疑似死体をモチーフとした写真作品シリーズNo Reasonの
2年ぶり第4回展示「File 04: 星止」を、新宿眼科画廊にて開催いたします。

毎年自殺者が3万人を越え、通り魔殺人や無差別大量殺人などが後を絶たないという現代の日本。
2011年3月11日の東日本大震災を経験したわれわれは、怒濤の津波に呑み込まれる家々に、
深刻な被害を被った被災地の荒涼とした風景に恐怖し、多くの尊い命が失われたことに心を痛めました。
その一方で、2011年の自殺者は前年より減ったものの3万人を割ることはなく、
2012年は7月まで毎月2,000人を越える自殺者が出ています(警察庁調べ)。

日常生活においてはこういった生死に関わる深刻な問題が、
ある種の事なかれ主義によって覆い隠されているかのように感じられることはないでしょうか。
この展示では、現代の日本社会における「生と死」を問い直すことを狙いとしています。
ぜひ、ご高覧いただき、講評を賜りたく、ご案内申し上げます。

■作品案内
日本――年間3万人を超える自殺者、後を絶たない無差別大量殺人。
「生と死」が日常から隔離され、メディア空間の中でのみリアルな輝きを放つようになってから、
もうどれぐらい経ったのだろう。
この作品は、現在そしてこれから日本に生きる(死ぬ)わたしたちの日常に
再び「生と死」を取り戻す試みとその記録である。


〔プロフィール〕
1973年大阪生まれ。
京都で8年暮らした後、現在は東京在住。
Gonos Studio代表。
2005年より写真をはじめ、都内ギャラリーを中心に展示活動を展開。
近年ではアートイベント企画や、音楽や映像など幅広いジャンルのアーティストとコラボし
さまざまな活動をおこなっている。
2012年1月 Dubai在住のフランス人アートディレクターRebia Naim氏に招待され、
Emergent Artist Award2011-2012に参加し36位。Emergent Artist。


〔主な活動 (2010年以降)〕
10年4月 「新宿東京日本」展@新宿眼科画廊
10年5月 No Reason「File 02: 死例 013-025」@新宿眼科画廊
10年9月 artmania主催「アートアニマ」@鎌倉ジャックと豆の木
10年11月 No Reason「File 03: 死例 000-035」@新宿眼科画廊
10年11月 AKIRA with Johnny + 内田春菊ライブ オープニングアクト出演@青山LOOP
11年8月 絵露愚乱末世 企画・プロデュース・作品展示@artmania cafe gallery yokohama
11年12月 参加型アートイベント「みんなでギジシタイ」@新宿眼科画廊
12年6月 絵露愚乱末世2 企画・プロデュース@新宿眼科画廊


〔Web/SNS〕
Official Website:http://masashi.furuka.info
Facebook:http://www.facebook.com/masashi.furuka


〔協力〕
プリント協力:株式会社イーストウエスト
撮影協力:公益財団法人 賀川事業団 雲柱社 賀川豊彦記念 松沢資料館
主催:Gonos Studio Co., Ltd.

〔賞歴〕
2002 第8回カードテリア賞 佳作


〔WEB-site〕
http://www.yoshidawakao.com/

Date
  • 2012/11/23-28

Location
  • スペースO

Creator
  • Masashi Furuka

Masashi Furuka



#masashi_furuka

〒160-0022
東京都新宿区新宿5-18-11

東京都公安委員会許可第304381007606号 美術品商

03-5285-8822 info@gankagarou.com gankagarou.com ENGLISH