2015/10/16-28

Hello Halloween!

〔展示〕
2015年10月16日(金)~28日(水)
12:00~20:00(最終日~17:00) ※木曜日休廊
「Hello Halloween!」
あいそ桃か、安東和之、大滝姉妹、オオタケント、かみたか、新藤洋子、立花奈央子、ちくわエミル、ナマコラブ、平田優、深谷桃子、ふせでぃ、マコ・プリンシパル、増田ぴろよ、町田ひろみ、水野しず、山田はるか、ユゥキユキ、ゆっきゅん、ようなぴ、ろくでなし子
スペースM​

Date
  • 2015/10/16-28

Location
  • スペースM

Creator
  • AISO Momoka / あいそ 桃か

  • ANDO Kazuyuki / 安東 和之

  • otakishimai / 大滝姉妹

  • OTA Kento / オオタ ケント

  • kamitaka / かみたか

  • SHINTO Yoko / 新藤 洋子

  • TACHIBANA Naoko / 立花 奈央子

  • chikuwaemil / ちくわエミル

  • namacolove / ナマコラブ

  • HIRATA Yu / 平田 優

  • FUKAYA Momoko / 深谷 桃子

  • fusedy / ふせでぃ

  • MAKO Principal / マコ・プリンシパル

  • MASUDA Piroyo / 増田 ぴろよ

  • MACHIDA Hiromi / 町田 ひろみ

  • MIZUNO Shizu / 水野 しず

  • YAMADA Haruka / 山田 はるか

  • YUKI Yuki / ユゥキ ユキ

  • yukkyun / ゆっきゅん

  • younapi / ようなぴ

  • rokudenashiko / ろくでなし子

AISO Momoka / あいそ 桃か

〔プロフィール〕
1993生まれ。

〔活動歴〕
2016 「BOYS LOVE」(新宿眼科画廊 / 東京) 
2015 「前線」(ナオ ナカムラ / 東京) 
2015 個展「ももかexseeeeess!!」(新宿眼科画廊 / 東京)
2015 「京都造形芸術大学卒業展」(京都造形芸術大学 / 京都)
2015 「旅公演(どりふと)」(東京都現代美術館 / 東京)
2014 個展「ももか」(新宿眼科画廊 / 東京)
2015 「LITTLE AKIHABARA MARKET」(ROPPONGI HILLS A/D GALLERY / 東京)
2015 「トランスエフュージョン3」(新宿眼科画廊 / 東京)
2015 「カオス*ラウンジSIX ~イメージの他力本願~」(BILLIKEN GALLERY / 東京)
2015 「さくらんぼ畑でつかまえて」(SMART SHIP GALLERY / 東京)
2015 「シブカル祭。2014」(渋谷PARCO / 東京)
2015 「キャラクラッシュ!」(カオス*ラウンジアトリエ / 東京)
2015  個展「ももか3」(ナオ ナカムラ / 東京)
2013 「トランスエフュージョン2」(新宿眼科画廊 / 東京)
2013  個展「いつだって僕はサメ人間とともに」(cumono gallery / 京都)
2013 「シブカル祭。2013」(渋谷PARCO / 東京)
2012 「zip2」(ubeful / 京都)
2012 「response」(GalleryB37 / 京都)
2011 「HERBEST展」(HidariZingaro / 東京)
2011 「zip」(ubeful / 京都)
2011 湖族の里アートプロジェクト」(滋賀)

#相磯 桃百花
#相磯 桃花
#あいそ 桃か

ANDO Kazuyuki / 安東 和之

〔プロフィール〕

スーパーハンコアーティスト・安東和之

1978年生まれ、大分県出身。バンタンデザイン研究所ポップアート専攻卒業。

フリーのアーティストとして活動。ハンコをたくさん押して絵を描くスーパーハンコアートを多く制作。

多数の個展やグループ展・イベントに加えて、TV(ヒルナンデス・スッキリ!!他多数)やメディアなどで数多く取り上げられている。

スーパーハンコアート以外に指サック似顔絵やボードゲーム制作など、幅広い活動を続けている。

2019年10月より、大正製薬のエナジードリンク「RAIZIN」のアンバサダーをつとめる。

 

〔WEB-site〕

安東和之

http://andokazuyuki.jimdo.com

 

RAIZIN

https://brand.taisho.co.jp/raizin

chikuwaemil / ちくわエミル

〔プロフィール〕
地球出身。大阪在住。学生時代に福祉、臨床心理学を学ぶ
その後サラリーマン生活を送りながら
絵画を主軸とした幅広いスタイルのアート活動を行う
様々な展示会の参加、アメリカでの活動を経て
現在はフリークリエイターとして国内外を問わず活動中
グループ「Marushippo」の製作・企画担当

〔WEB-site〕
http://chikuwaemil.web.fc2.com/

〔Marushippo〕
http://marushippo.tumblr.com/



#ちくわミエル

HIRATA Yu / 平田 優

〔プロフィール〕
1980 東京生まれ
2004 武蔵野美術大学 油絵科 卒業

〔個展〕
2011 「平田優個展」(新宿眼科画廊)
2010
「顔」(新宿眼科画廊)

2008 家葬展(東久留米市 高村邸)
2006 アニメーションの上映(Art_Space_Kimura_ASK?)


〔WEB-site〕
http://yuhirata.wix.com/sakuhin

〔Instagram〕
hirata_yu

FUKAYA Momoko / 深谷 桃子

fusedy / ふせでぃ

2020年5月「全部失っても、君だけは」1巻発売(講談社)

2020年7月「明日、世界が滅びるかもなので、本日は帰りません。」発売(文藝春秋)

MAKO Principal / マコ・プリンシパル

〔プロフィール〕

東京芸術大学油画専攻卒業・同大学院版画専攻卒業

脳内世界を切り取り、絵画、写真、インスタレーションなど様々な作品を発表している。

2013年から芸術家アイドルユニット「ナマコプリ」として音楽活動も開始。

世知辛い世の中、ジャンルにとらわれないガーリーで煌めく“マコプリワールド”を表現する。

 

〔WEB-site〕
https://www.makopuri.com

〔instagram〕
@makopuri

〔Twitter〕
@makopuri

MASUDA Piroyo / 増田 ぴろよ

〔プロフィール〕

自身のドローイングによるテキスタイルプロダクト「去勢」(https://masudapiroyo.official.ec)のモチーフは一貫して男性生殖器。

それらを切り刻み解体し下着とつなぎ合わせたキルトを制作。

甘えと暴力、それを生み出した土壌/社会構造に興味がある。

甘えと暴力を見つめつづけた私もまた暴力の連鎖に組み込まれている。

キルトは祈りであり、私たちの連帯である。

〔WebSite〕 

http://masudapiroyo.com

〔Online Shop〕

https://masudapiroyo.official.ec

〔Instagram〕

https://www.instagram.com/masudapiroyo/

〔Pinterest〕

https://www.pinterest.jp/Masuda_Piroyo/boards/

〔Twitter〕

https://twitter.com/masu_piyo

YUKI Yuki / ユゥキ ユキ

〔プロフィール〕 
​東京藝術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業
東京芸術大学院博士課程在学中
コスプレやアイドルなどオタクカルチャーを取り入れ独自の世界観を構築する。絵画、パフォーマンス、映像作品などメディアにとらわれず展開し自身の欲望を表現。

 

〔Web site〕
http://www.yuki.nerdsunion.com

 

〔Twitter〕
@yu_ki_yuki_

yukkyun / ゆっきゅん

〔プロフィール〕

あなたの自由を切り開く新時代のアイドル。
2014年夏より活動を開始。
ライブ、モデル、演劇、大量のグッズ制作など多岐に渡って活動中。

younapi / ようなぴ

〔プロフィール〕

6人組ニューウェーブアイドルグループ「ゆるめるモ!」のメンバー。
DJ younaP!、ようなぴミニマム音楽団、ようなぴソロ名義でもライブ活動をしながら、イラストレーターとしても個展を定期的に開催するなど勢力的に活動している。

rokudenashiko / ろくでなし子

ん坊将軍。まんこ(女性器)をモチーフに作品を作るアーティスト。2013年秋、まんこを3Dスキャンし、そのデータでマンボートを制作、多摩川にて進水を果たす。その制作費用に利用したクラウドファンドで、出資者へのお礼に3DデータをダウンロードできるURLを送信したことなどが要因で、2度にわたり逮捕される。2014年10月東京デザイナーズウィークのTDWアートフェアにて前期準グランプリ受賞。2015年3月米国ニュースサイト「artnet news」にて“社会のタブーを打ち破る10人の女性アーティスト”に、同月、イギリス“LIBERTINE選アーティスト100人”に選ばれる。2015年4月、『ワイセツって何ですか?――『自称芸術家』と呼ばれた私』(金曜日)刊行。その英訳版として刊行された『What is obscenity?』が2017年度ロスアンゼルス新聞ブック大賞にノミネート。また、アメリカのデンバーのコミックマーケットDINKの2017年度ベストブック賞・Diversity部門にて優勝。2016年5月9日、東京地裁初公判にて、デコまんは無罪を勝ち取る。有罪部分については即日上告。2016年5月、カナダのコミックフェスティバルにて『What is obscenity?』刊行記念トークショー開催。同年11月〜2017年5月迄、ドイツのドレスデンのDHMD美術館にて、マンボート展示中。

« 1 3 »

〒160-0022
東京都新宿区新宿5-18-11

東京都公安委員会許可第304381007606号 美術品商

03-5285-8822 info@gankagarou.com gankagarou.com ENGLISH