2016/03/04-16

視展(後期)

​〔展示〕

2016年3月4日(金)~16日(水)
※前期・後期で展示替えを行います。

前期:3月4日~9日 / 後期:3月11日~16日

12:00~20:00(最終日~17:00) ※木曜日休廊

「視展」(後期)
詩布、新関創之介、大塚真由、へのしりす、小田川望、キリシマシンジ、安田純 ala、かづき、葉瀬川薬、あめのいち、榊ゆう、榊
スペースO

〔概要〕
「私たちは常に視線と共にある」をテーマにペン画に始まり、日本画や油絵などのジャンルの垣根を超えて集まった総勢26名によるグループ展。前後期分かれての開催。

Date
  • 2016/03/04-16

Location
  • スペースO

Creator
  • shiho / 詩布

  • NIIZEKI Sonosuke / 新関 創之介

  • OTSUKA Mayu / 大塚 真由

  • henoshirisu / へのしりす

  • ODAGAWA Nozomi / 小田川 望

  • KIRISHIMA Shinji / キリシマ シンジ

  • YASUDA Jun / 安田 純

  • ala

  • KAZUKI / かづき

  • HASEKAWA Kusuri / 葉瀬川 薬

  • amenoichi / あめのいち

  • SAKAKI Yu / 榊 ゆう

  • sakaki / 榊

henoshirisu / へのしりす

〔プロフィール〕​

それらは怪物であり、天使であり、機械であり、気象であるような何かです。子供の頃から持っている、超越的な存在への憧れが基礎にあります。それを見ると自分が人間であることを忘れてしまうような絵を描きたい。

誰かが勝手に流した映像が、
目にべったりと張りついているようだ。
無関心な凝視を続ける目。
不自由な目。
自分の目を、探している。


〔Twitte〕@henosiris
〔Pixiv〕http://pixiv.me/hakomushi

YASUDA Jun / 安田 純

〔プロフィール〕

1995年神奈川県横須賀市生まれ。金沢美術工芸大学日本画専攻在学中。風景画や人物画を中心に冷たさや寂しさ虚しさ嫉妬など、陰の美しさを日本画独特の画材で表現しています。

五感の内の一つである視覚は人間が受け取る情報量の約87%を占めていると言われています。見えるものにしか頼れない僕は、人と話すときもその態度を見ながら話します。逆に言うと見えない物が怖いのです。
幽霊の類や態度には出ない裏の感情や暗い海の底など…今回視展に参加させて頂く事になり視について考えました。見えるからこそ美しいもの、見えないからこそ魅力的なもの…そのような事を制作の念頭に置いて、作品を仕上げていきたいです。


〔Twitte〕

@yasudajun1

HASEKAWA Kusuri / 葉瀬川 薬

〔プロフィール〕

インスピレーション、無意識的に現れる線の運びを大切にしています。偶発して出来る絵を好みます。意味が分からないモチーフに惹かれると共に強く影響されています。

『視る』って凄いものだと思います。昔どこかで仄聞したことですが、視線というのはそれだけで呪術として機能するそうです。怨念を込めて見つめると邪視という呪いになるそうで。またそういった視線の力を跳ね除けるために、眼をかたどったアクセサリーを身に着ける風習などもあったようですね。なんだか、視るって、シンプルなのに奥深くておっかないものだなと感じております。自分も視線の向け方には気をつけたいです。

amenoichi / あめのいち

〔プロフィール〕
茨城大学教育学部情報文化課程在学中。
アートとデザインのはざまを目指します。

〔グループ展〕
2015 「ぼんのう展」(ハーモニーホール / 茨城)
2014 「SHRUNE vol.9」(ハーモニーホール / 茨城)

〔公募展〕
2014 「第46回水戸市芸術祭美術展覧会」(水戸芸術館 / 茨城)

〔WEB-site〕
http://amatukami.jimdo.com/

〔twitter〕
https://twitter.com/Amenoichi

 

〒160-0022
東京都新宿区新宿5-18-11

東京都公安委員会許可第304381007606号 美術品商

03-5285-8822 info@gankagarou.com gankagarou.com ENGLISH