2021/12/17-19

インスタント・レアリスム

〔演劇〕
2021年12月17日(金)~19日(日)
「インスタント・レアリスム」
ぺぺぺの会
立ち会って観(オフライン観劇):一般 / ¥3,000-、学生 / ¥2,500-
のぞいて観(オフライン観劇):一般 / ¥3,000-
セット券(立ち会って観&のぞいて観):¥4,500-
スペース地下

〔概要〕
『インスタント・レアリスム』は、時間、共同体、他者にアプローチする演劇です。

この作品は、一日を通して上演されます。
そして、あたらしい観客が入場するたびに、冒頭にもどって、上演が再開されます。

昨今の演劇における〈空間〉へのアプローチの多様さに対し、〈時間〉へのアプローチはいまだ十分とは言えないのではないでしょうか。

あたらしい観客が⼊場するたびに、ふたたび冒頭に戻ってしまうこの演劇では、タイムテーブルに基づいて上演される演劇とは違って、創作者と鑑賞者の⾝体には途中までの上演が刻まれている。この捻転する時間感覚こそが、時間芸術としての演劇の起こりであると⾔いたい。

また、創作者と鑑賞者の⾝体に途中までの上演が刻まれる、すなわち〈時間〉と〈空間〉が共同化されることによって、かれらはひとつの共同体になり得ます。その際、〈わたしの⾝体〉は〈わたしたちの⾝体〉へと転化します。

それから、共同体の成⽴要件のもうひとつに、外部者の存在があります。共同体の内部者が帰属をもっとも感じる瞬間は、名簿に記されたじぶんの名前を⽬の当たりにしたときではなく、外部者を⽬の当たりにしたときです。外部の⼈間が劇場にやって来るたびに、エンゲキは再⽣され、共同体(劇場)が再構築されていく。この体験を通して、鑑賞者と創作者は、ふだん〈わたしたち〉がどのように他者を捉えているのかをあらためて発⾒することができるでしょう。

〔タイムテーブル〕
17日(金)17:00-20:00
18日(土)12:00-20:00
19日(日)12:00-20:00
この作品は、一日を通して上演されます。
そして、あたらしい観客が入場するたびに、冒頭にもどって、上演が再開されます。

●上演時間
不明

〔出演〕
石塚晴日
佐藤鈴奈
熊野美幸
(以上、ペペペの会)
小林彩
堀隼弥

〔チケット概要〕

1. 立ち会って観(オフライン観劇):一般 / ¥3,000-、学生 / ¥2,500-
 ・当日会場にてご購入いただけます。事前販売は行いません。
 ・購入当日はいつでも入場可能です。再入場も当日限り可能です。
 ・学生のお客様は、当日学生証のご提示をお願い致します。
 ・座席数を絞っている都合上、会場内が満席ですと、入場をお待ちいただく場合もございます。予めご了承ください。
 
2. のぞいて観(オフライン観劇):一般 / ¥3,000-
 ・いちどこちらのチケットをご購入いただくと、期間中の会場を終始オンラインでのぞき見することができます。
 ・戯曲付き(PDFデータ)のチケットとなります。
 
3.セット券(立ち会って観&のぞいて観):¥4,500-
 ・立ち会って観とのぞいて観のセット券です。
 ・期間中いつでも入場・オンライン視聴が可能です。
 ・戯曲付き(PDFデータ)のチケットとなります。ご希望の方には印刷した戯曲を、ご来場の際にお配りいたします。ご来場の際に受付にお伝えくださいませ。


●文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業

Date
  • 2021/12/17-19

Location
  • スペース地下

Company
  • pepepenokai / ぺぺぺの会

pepepenokai / ぺぺぺの会

〔プロフィール〕
ぺぺぺの会では、詩人でもある宮澤大和の戯曲を用いた「詩の演劇」を創作。
詩が持つ批評性によって、描いた題材について刮目することを迫る作品を発表している。
2019年シアターグリーン学生芸術祭vol.13にて、『夢の旧作』上演し、優秀賞を受賞。
2020年には『No.1 Pure Pedigree』がこりっち舞台芸術祭 最終審査にノミネート。
2021年には『春琴抄ーホワイトアウトする静謐ー』をあべのハルカスSPACE9にて上演。
2021年10月には演劇人コンクール最終審査に出場。

〔WEB-site〕
https://pepepepepe.amebaownd.com/posts/22307924/

〔Twitter〕
@pepepe_no_kai

〒160-0022
東京都新宿区新宿5-18-11

東京都公安委員会許可第304381007606号 美術品商

03-5285-8822 info@gankagarou.com gankagarou.com ENGLISH