2022/01/28-02/02

COMME DES FLEURS 「花のように」

〔展示〕
2022年1月28日(金)~2月2日(水)
12:00~20:00(水曜日~17:00) ※木曜日休廊
COMME DES FLEURS 「花のように」
Sylvia Haw
スペースO

〔Artist Statement〕
Having moved frequently in my life, I came here to Japan to find myself. During that journey, I let myself go too much; I lost myself by giving the love I had to the wrong people. It took time, but finally I realized that I was full of love all along, that I had it in me to bloom. While I experienced much loss, heartbreak, and difficult partings on my journey, I discovered much love, joy, strength, beauty, and growth as well. I tended myself like a flower, allowing time enough  that sides of me I never knew existed could grow and bloom.

My artwork, then, attempts to capture fleeting moments during this journey: of memory, growth, self-reflection, sensations nearly forgotten, and the gentle, warm feeling of love.

Working in a variety of media, including acrylics, gels, watercolours, pencils, and ink on wood, I play with textures and transparencies to bring forth a soft dreamy feel to the world I want to create. Mixing media also allows a sense of reality to emerge, revealed by the unrefined contrasts it creates.

My recent work aims to unravel self-doubt, insecurity, and isolation, and by doing so, grace these things with acceptance, positivity, and clarity. It is okay to feel deeply and be in love. I want people to discover the beauty and value in themselves and their emotions as they reflect on their own experiences while engaging in the interpretations I present of my own.

これまでの人生で私は移動を繰り返し、自分を見つけるためにここ日本に来た。 この旅の間、私は自分を自由にさせすぎたように思う。 自分が持っていた全ての愛を間違った人々に与え、自分自身を失ってしまった。 時間はかかったが、やっと私は今までもずっと愛に満ちていて、自分を開花させる力が私にもあったのだと気づいた。 私は旅の途中で多くのものを失い、傷つき、そして難しい別れを経験したが、同時に多くの愛や喜び、強さ、美しさ、成長を発見した。 私は私自身を花のように育て、自分でも存在を知らなかったその一面が成長して開花するために、十分な時間をかけた。

私のアートワークは、この旅の間の記憶や成長、内省、忘れかけた感覚、穏やかで暖かい愛の感覚など、儚い一瞬一瞬をとらえることを試みている。

アクリル、ジェル、水彩絵の具、鉛筆、インクなど、さまざまな材料を混ぜ合わせ、私が創り出したい世界に柔らかで夢のような感触が生まれるように、質感と透明度を操作している。材料を混ぜることはまた、それが生み出す素朴なコントラストによって現実的な感覚を浮かび上がらせることを可能にする。

私の最近の仕事は、自己不信や不安、孤立を解きほぐすことを目的としている。そうすることで、それらのことに受容、積極性、鮮やかさといった恵みを与える。 深く心を動かされても、恋をしてもいい。私が自分の個人的な体験について反省するのを見ながら、人々にも自分自身の経験に向かい合うことで、自身の美しさや価値、そして感情を発見してほしいと思う。

〔Exhibition Statement〕
Et si on s’aimait?
On est tous belles comme des fleurs.

What if we loved ourselves?
Like flowers, we are all beautiful.

自分自身を愛せたなら、花のように皆美しくなれるだろう

Flowers bloom when we give them water, sunlight, love, and patience. And like flowers, we all have the potential to bloom. Every person, every single one of us, have a bud inside waiting to be found and nurtured. While we are all different, we are also all the same. We walk different roads, but share the same pains and joys. There are ugly sides to each of us: insecurity, envy, guilt, sadness. But we possess beautiful sides waiting to be discovered as well: our gentle soul, our giving nature, our resilience. Like flowers, we need love and patience to nurture these beautiful sides of ourselves.

My work aims to inspire viewers to look inside themselves and discover the beauty and love previously thought to be lacking. If we learn to love ourselves a little more,  we can give ourselves grace, and realize that we all have the potential to grow into our best selves.

I hope you find your flowers and that your flowers bloom. I hope one day that we all bloom like flowers.


花は、水、日光、愛、そして時間を与えると咲く。 そして花のように、私たちも皆、開花する可能性を持っている。 すべての人、私たち一人一人の中に、見つけられて育てられるのを待っているつぼみがある。 私たちは皆違うが、実は私たちは皆同じだ。 私たちは違った道を歩むが、同じ苦痛と喜びを共有している。 私たち一人一人には不安、嫉妬、罪悪感、悲しみなどの醜い側面があるが、私たちには、発見されるのを待っている美しい側面もある。それは、私たちの穏やかさや優しさ、立ち直る強さである。 花のように、自分自身のこれらの美しい側面を育むために、愛と時間が必要なのだ。

私の作品は、見てくださる方々が自分の内面を見て、以前は欠けていたと思っていた美しさと愛を発見してもらうことを目的としている。 私たちがもう少し自分自身を愛することを学べば、自分自身に恵みを与え、私たち全員が最高の自分に成長する可能性があることに気付くことができる。

あなたが自分自身の花を見つけ、その花が咲くことを願っている。 いつか私たち全員が花のように咲き誇ることを願う。

Date
  • 2022/01/28-02/02

Location
  • スペースO

Creator
  • Sylvia Haw

Sylvia Haw

〔プロフィール〕
Sylvia Haw is a Canadian painter and illustrator from Montréal, Québec. She has been painting since she was a child. She studied in Fine Arts in Cégep du Vieux-Montréal, an art college, before changing her major to pursue nursing. She then worked as a nurse and as a freelance artist in Montréal, painting murals for Japanese bars and restaurants. She moved to Japan fully focusing on her art. She is also the creator of the brand meromero, which focuses on sending bright, positive messages via cute illustrations on a wide variety of products, including apparel, stickers, skate decks, and other accessories.

In her art, Sylvia draws inspiration from the things she sees, the people she meets, the hardships she endures, and the feelings she experiences—both good and bad. She uses flowers, water, mountains, clouds, and fish as poetic objects. They float within the worlds she creates, held in place in the midst of transience, addressing dichotomies such as reality versus illusion, inside versus outside, permanence versus ephemerality.

Sylvia paints to evoke feelings of comfort, warmth, gratitude, serenity, hope, and love... intangible, indescribable feelings. She paints to inspire dreams and moods. Ephemeral moments lie at the heart of her work and its vision.


Sylvia Hawは、ケベック州モントリオール出身のカナダ人の画家兼イラストレーターである。 幼い頃から絵を描き、Cégep du Vieux-Montréalという芸術系のカレッジで美術を学んだ。その後、看護の勉強をするために専攻を変更した。大学卒業後は、モントリオールで看護師をする傍ら、フリーランスのアーティストとして、日本のバーやレストランの壁画を描いていた。日本に移住してからは、芸術に集中している。 彼女はまた、meromeroというブランドを設立し、アパレル、ステッカー、スケートデッキ、その他のアクセサリーなど、さまざまな製品のかわいいイラストを通して、明るく前向きなメッセージを送信している。

彼女のアートは、自分が見たもの、出会った人々、耐えてきた困難、そして経験した感情(良いことも悪いことも)からインスピレーションを得ており、 対象物として花、水、山、雲、そして魚を使用している。それらは儚さの真ん中に置かれ、現実と幻想、内側と外側、永続性と一時性などの二分法に取り組む彼女の創造する世界の中に浮かんでいる。

シルビアは、形がなく言葉では言い表せない心地よさや暖かさ、感謝の心、静けさ、希望、愛情などの感情を呼び起こすために絵を描き、夢や心に刺激を与えるために絵を描いている。 彼女の作品とその構想の中心には、常に儚い瞬間がある。

〔WEB-site〕
https://www.meromero.ca

〔online shop〕
meromeroart.ca

〔Instagram〕
@by.meromero
@meromero.jpn

〒160-0022
東京都新宿区新宿5-18-11

東京都公安委員会許可第304381007606号 美術品商

03-5285-8822 info@gankagarou.com gankagarou.com ENGLISH