2011/05/27-06/08

皮膚と地図Ⅱ – 記憶と時間への近づき方

〔展示〕
2011年5月27日(金)~6月8日(水)

12:00~20:00(最終日~17:00) ※木曜日休廊

「皮膚と地図Ⅱ  - 記憶と時間への近づき方」

利部志穂、白木麻子、村上郁、DIG & BURY、TOLTA

スペースM、S、E

〔概要〕

「皮膚」は身体の感覚を「地図」は論理的思考を表しています。
この2つの言葉が複雑に絡まって生成されている作品に出会ったときの体感がテーマの核となっています。
それは内側からも外側からも形づくられる「皮膚」の柔軟さや、今まさに創られている途中のルール無視の「地図」、そういうものが含まれる作品に出会う感覚に近いかもしれません。

※本展は2010年8月に開催した「皮膚と地図 4名のアーティストによる身体と知覚への試み」の第2弾として企画しました。

Date
  • 2011/05/27-06/08

Location
  • スペースM、S、E

Creator
  • KAGABU Shiho / 利部 志穂

  • SHIRAKI Asako / 白木 麻子

  • MURAKAMI Iku / 村上 郁

  • DIG & BURY

  • TOLTA

Curator
  • MIZUTA Sayako / 水田 紗弥子

DIG & BURY

〔プロフィール〕
DIG&BURYは恐怖めいたものへ軽く薄く近づきながら制作をしています。
恐山に行きイタコに出会い、竹島を自分の目で確かめにいき、
ミャンマーのサイクロンに偶然出会う、
そういう彼らの方法と歩み方は子どものように都市や街を歩き、
怖いものに目印をつけるように軽くてたどたどしい。
俗っぽい態度で恐怖に向き合う作品への否定の気持ちと共に、
メディアを通して恐怖に慣れてしまった私たちの姿勢そのものを反省しつつ現実に向き合う契機になる、
そういう作品です。

TOLTA

〔プロフィール〕

現代詩や戯曲といった表現ジャンルを中心として、ことばと詩の未来を追及するヴァーバル・アート・ユニット。河野聡子、南谷奉良、山田亮太により20064月結成。百年後、そしてその先の未来に生き残るようなことばの創造と進化をめざし、「国語の教科書」形式での雑誌の発行や、全長100メートルの「本」の製作を通して書物のマテリアルな側面にフォーカスする作品などを発表するほか、パフォーマンス企画、ミュージシャンやダンサー、俳優とのコラボレーションも行っている。

発表作品に雑誌『TOLTA1』~『TOLTA4』、国語教科書のパロディ『トルタの国語』『トルタの国語 冒険の書』、アンソロジー詩誌『テキサス詩集』『ジャイアントフィールド・ジャイアントブック』、巻物本シリーズ『トルタロール』『ジャイアントフィールド・ジャイアントロール』『ワンハンドレッドメートルトルタ』等。イベント出演等に「アンユナイテッド・ネイションズ詩はどのように書かれるか」、日本近代文学館「絵本の世界に遊ぶ」(20096月)、首都大学東京現代詩センター「詩のいま、世界のいま」(20102月)、東京日仏学院「詩人たちの春」(20114月)、他。その他、執筆参加書籍に『〈建築〉としてのブックガイド』藤原ちから・辻本力編,明月堂書店(20112月)がある。

 

〔WEB-site〕

https://toltaweb.jp

« 1 3 »

〒160-0022
東京都新宿区新宿5-18-11

東京都公安委員会許可第304381007606号 美術品商

03-5285-8822 info@gankagarou.com gankagarou.com ENGLISH